【サッカーW杯】韓国、親善試合で選手同士のシャツ交換 対戦国の混乱狙い

韓国は10度目となるワールドカップ本大会に臨む Image copyright Getty Images
Image caption 韓国は10度目となるワールドカップ本大会に臨む

韓国のシン・テヨン監督は直近の親善試合で、W杯で対戦する国が韓国選手を識別できないようにして混乱させるため、選手に背番号の違うユニフォームを着せたと明かした。

シン監督によると、今月初めに行われたボリビアとセネガルとの親善試合2試合では、今月初めに行われた英プレミアリーグ・トッテナムに所属するフォワードのソン・フンミンと、主将のキ・ソンヨンのみが通常と同じ背番号のシャツを着ていたという。

一方、スウェーデンのヤンネ・アンデション監督は、非公開で行われた韓国の練習にスウェーデン代表の偵察の1人が忍び込んだとの抗議を受け謝罪した。

韓国対スウェーデンの試合は18日の日本時間午後9時に始まる予定。

シン監督は「対戦国に全てを見せず、試し、混乱させるため、選手たちにシャツを交換させた」と話した。

「対戦国は我々の選手のうち何人かは知っているかもしれないが、欧米人がアジア人を見分けるのはとても難しい。だからこうした」

「おそらく全ての監督が、対戦国が常に自分たちを偵察していると感じているだろう」

「我々全員が、お互いの情報を出来る限り多く手に入れようと試している。それは完全に自然なことだと思う」

試合前の記者会見で、スウェーデンのアンデション監督は、同国スタッフの1人ラッセ・ヤコブション氏がオーストリアでの韓国の非公開練習に忍び込み視察したとの非難について見解を発表した。

Image copyright Getty Images
Image caption スウェーデンのヤンネ・アンデション監督にとっては、今大会が指揮を執る初の主要大会となる。1994年にトミー・スベンション監督の下でベスト16入りした過去の最高成績の更新をもくろむ

「ヤコブションは練習のことを知ったが、それが非公開だとは理解していなかった。理解していなかったので、離れたところから見ていた」とアンデション監督は話した。

「あらゆる状況で、全ての対戦国に敬意を示すのはとても大切だ。そうでないと誰かから解釈されたのなら、残念に思う」

「つまらないことを重要かのように扱っている」

19日の試合は、世界王者のドイツやメキシコと争う困難なグループに入った両国が決勝トーナメント進出を果たすために極めて重要な一戦になる可能性がある。

スウェーデンの主将、ディフェンダーのアンドレアス・グランクビストはチームが「試合を待ちきれない」と話した。

「今回のワールドカップがとても楽しみだ。試合を心待ちにしている」と33歳のグランクビストは語った。

「素晴らしい準備ができている」

(英語 South Korea: Shin Tae-yong made players swap shirts to try to confuse opposition

この話題についてさらに読む