【サッカーW杯】スウェーデンと韓国、初戦で激突

英プレミアリーグ・トッテナムに所属する韓国代表フォワードのソン・フンミン(中央)は、スウェーデン戦で先発が予想されている Image copyright AFP
Image caption 英プレミアリーグ・トッテナムに所属する韓国代表フォワードのソン・フンミン(中央)は、スウェーデン戦で先発が予想されている

両チームの最新情報

サッカーのスウェーデン代表と韓国代表が18日、ロシアで開催されているワールドカップ(W杯)グループステージのグループF初戦で初めて対戦する。

スウェーデンは目立った負傷者もなく、万全のスターティングメンバーを選べる状況。ただ、チームはここ4試合で1得点しか挙げられておらず、直近3試合では無得点だ。

韓国は、所属する英プレミアリーグのスウォンジーから移籍を発表しているキ・ソンヨンが主将を務め、同リーグ・トッテナム所属のソン・フンミンが先発予定。

グループFは両国に加え、ドイツとメキシコも決勝トーナメント進出を争っている。

試合はロシア西部のニジニー・ノブゴロドで開催される。報道によると、ロシアを訪れている韓国サポーターは2000人足らずだが、スウェーデンからは3万人以上のファンが大会観戦に訪れているという。

マッチプレビュー

スウェーデンは2006年から12年ぶりにW杯本大会へ戻ってきた。予選ではイタリアとのプレーオフを合計スコア1-0で制して本大会出場を決めた。

スウェーデン代表には、英国で戦う6人の選手が含まれる。ゴールキーパーのクリストファー・ノルフェルト(スウォンジー)、ディフェンダーのビクトル・リンデロフ(マンチェスター・ユナイテッド)、ミカエル・ルスティグ(セルティック)、ポントゥス・ヤンション(リーズ)、マルティン・オルション(スウォンジー)、ミッドフィールダーのセバスティアン・ラーション(ハル)の6人だ。

しかし、元マンチェスター・ユナイテッドのズラタン・イブラヒモビッチは、2016年の欧州選手権(ユーロ)を最後にスウェーデン代表の国際試合からの引退を自ら決めており、選出されなかった。

韓国は9回連続でW杯本大会出場を果たしている。3試合で勝ち点1しか取れず(対ロシア戦で1-1の引き分け)、グループ最下位に終わった前大会を上回る成績を目指す。

韓国代表はW杯アジア3次予選の10試合で4勝しか挙げられず、アウェイで行われた予選最終戦のウズベキスタン戦で0-0と引き分け、なんとかロシア行きを決めた。

チームは直近6試合で1勝しか挙げられておらず、ベストの状態ではない。3月には北アイルランドに2-1で敗れた。

Image copyright Getty Images
Image caption スウェーデンはW杯予選プレーオフでイタリアを合計1-0で下し、本大会出場を決めた。第1試合を1-0で制し、イタリアのミラノで行われた第2試合は0-0と引き分けた

両国のトレーニング場から

スウェーデンのヤンネ・アンデション監督「手ごわい相手との試合を楽しみにしている。韓国は技術があり、とても速いチームだ。我々はやること全てにしっかり秩序を保つ必要がある」

「準備についてここまでの成果には満足している。25日前に全員集合し、様々なことをこなせた。けが人もほとんどいない」

「私はチームと共に決断してきたし、試合ぎりぎりで特別なことはしない。勝利のため最も適切な配置を取るチームになる。ただ我々は皆、いい準備ができている」

「直近の試合ではあまりいい結果を残せなかったが、対戦相手はとても良かった。ここ数日、攻撃面についてより取り組んできた」

韓国のシン・テヨン監督「お互いのことをあまりよく知らない。ただ、明日の試合に向けた準備は万端だ。勝たなければならない」

「何人かの人が、(韓国の)ファンが代表チームを冷たくあしらっていると話している。だが我々は、勝つために出来ること全てをしている。韓国にいるファンも応援してくれている」

韓国代表主将のキ・ソンヨン「ファンにとってはとてもいい試合になると私にはわかる。いい結果が残せるよう望んでいる」

「選手たちには試合を楽しんで欲しい、この機会を生かして欲しいと本当に思っている。今大会は彼らの人生にとって非常に重要な経験になるだろう」

「試合にたくさんの人が来てくれるのはいいことだ。スウェーデン人でも韓国人でも関係ない。選手たちにはたくさんの経験があるし、スタジアムが満員になれば素晴らしい」

「代表チームにはW杯で戦った経験を持つ選手が非常にたくさんいる。それは我々の長所だし、選手は全員、準備万端だ」

マーク・ロウレンソンの予想

韓国はトッテナムのソン・フンミンにかなり頼ることになるだろう。スウェーデンは素晴らしい守備のチームだ。予選12試合のうち7試合を無失点に抑え、プレーオフ2試合でもイタリアはスウェーデン相手に得点できなかった。

しかし、それでW杯に勝てるわけではない。実際、この両国ともグループステージを突破できない可能性もある。ドイツがいるグループFで、残りの決勝トーナメント進出枠は実質上1つだ。どのチームが残るのかを言い当てるのはとても難しい。

予想:1-1の引き分け

※マーク・ロウレンソンはBBCスポーツのサッカー専門家。ロウレンソンによる全試合予想はこちら(英語)

試合に関する基礎知識

両チームの比較

  • スウェーデンは過去4度の韓国との対戦で敗れたことがない(2勝2分)。W杯本大会での対戦は初
  • スウェーデンが韓国相手に挙げた過去最大得点差の勝利は、1948年ロンドンオリンピックでの12-0

スウェーデン

  • スウェーデンは2006年以来12回目のW杯本大会出場となる。プレーオフではイタリアを下した
  • 地元開催の1958年W杯で準優勝して以来、ベスト16より良い成績を残したのは1回だけ。1994年米国大会で3位に入った
  • W杯本大会グループステージの最近9試合で、スウェーデンは1敗もしていない(3勝6分)。グループステージで最後に敗北したのは、1990年6月20日までさかのぼる(対コスタリカ、1-2で敗戦)
  • W杯での最近24試合でスウェーデンが無失点だったのは3試合だけ
  • 最近7回のW杯初戦でスウェーデンは勝利していない(5分2敗)。初戦での勝利は、地元開催だった1958年大会が最後(対メキシコ、3-0で勝利)
  • ヤンネ・アンデション監督にとっては、今大会が指揮を執る初の主要大会となる。1994年にトミー・スベンション監督の下でベスト16入りした過去の最高成績の更新をもくろむ

韓国

  • 韓国は最近4試合のW杯初戦で負けていない(3勝1分)
  • 韓国は10回目のW杯本大会出場で、アジアの中では最も多い出場回数を誇る。1986年以降の全大会に出場を果たしている
  • 韓国がW杯での最近9試合で勝ったのは1度だけ(他は3分5敗)。勝利したのは2010年大会の初戦、ギリシャ戦だった(2-0)。この試合はW杯最近12試合で唯一の無失点勝利でもある
  • 韓国代表がW杯で挙げた直近8得点のうち、5点はペナルティエリア外からの得点。また、直近13得点のうち12点は試合後半に挙げている
  • シン・テヨンしは監督として初めてのW杯を迎える。W杯予選では最後の2試合のみ指揮を執り、いずれも0-0の引き分けだった(対イランと対ウズベキスタン)

(英語記事 World Cup 2018: Sweden and South Korea start their campaigns

この話題についてさらに読む