トランプ米大統領「不法移民は法的プロセスなしで帰還させる」 ツイッターで発言

Security tell people to stop as they approach the border crossing fence at the Tornillo Port of Entry near El Paso, Texas Image copyright AFP/Getty
Image caption 米テキサス州で国境を警備する警察官

ドナルド・トランプ米大統領は24日、ツイッターで不法移民を司法プロセスを踏まずに早急に国外退去させたいと発言した。

トランプ大統領は先に、移民の親と子供を引き離す「ゼロ寛容」の移民政策が国内外から批判を浴び、20日にこれを撤回したばかりだった。

米国では5月から6月にかけ、2300人以上の移民の子どもが親から引き離されて収容されている。

トランプ氏はツイッターに、「我々の国が侵略されるのを許してはいけない。誰かが入ってきたら、裁判官や裁判所抜きで、すぐに元いた場所に帰さなきゃならない。今のシステムは良い移民政策と法の支配を笑いものにしている。沢山の子供たちが親なしでやってきている。世界中から笑いものにされているこの移民政策は、合法的にシステムを通過した人たち、何年も順番待ちをしている人たちにとってとても不公平だ!  移民は利益に基づいていなきゃならない。米国を再び強くするのを助けてくれる人を求めている!」と投稿した。

トランプ大統領は経済移民と亡命を求めて入国した人を区別していない。

トランプ氏のツイッターでの発言は、共和党内を含めて批判を浴びている。

先に移民が「我々の国に流れ込んではびこっている」と発言した際には、イリアナ・ロス=レティネン共和党議員がトランプ氏の「根拠のないレトリック」は「嫌悪感」を覚えるもので、より良い生活を求めている人々を人間的に扱っていないと述べた。

<おすすめ記事>

トランプ大統領は20日、大統領令で不法入国した親子を一緒に収容すると発表し、これまでの政策を撤回した。

署名の際、トランプ氏は「家族が引き離されているのを見たくない」と話していた。

ただ、大統領令の通りに親子を一緒に収容した場合、移民の子どもの収容を20日までと定める米国法に抵触することになる。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
親から引き離され泣く子供たち 米国境施設で NPOが音声入手

2016年大統領選でトランプ氏が勝利して以降、入国の際に収容された移民の数は大幅に減った。

しかし不法入国者は2018年2月から急激に増加し、5月の逮捕者数は1年前に2倍に膨れ上がった。

不法入国者の正確な人数は把握できないため、逮捕者数が不法入国者数を測る指標としても使われている。

軟化政策の後の厳しい発言―クリス・バックラーBBCワシントン特派員

移民の親子を引き離す政策への批判が強まった結果、トランプ大統領は政策を軟化せざるを得なかった。

しかしその後、トランプ氏は様々な場で法の厳格化を訴え、米国の現在の移民法が世界中から笑いものにされていると話した。

今回のツイッター投稿は、さらに踏み込んだものだ。

彼は、不法に国境を越えたものは、裁判官の介入や裁判所への出廷を経ず、直ちに本国に送還されなくてはならないと述べた。

示唆されるだけでもトランプ氏に反対する人々が激しく反発するような内容だが、トランプ氏が、支持者がこの強硬策を支持してくれると信じていることは明らかだ。

(英語記事 Trump calls for speedy deportations

この話題についてさらに読む