サイの「密猟者」、ライオンに食べられる 南ア保護区で

保護区所有者によると、密猟者とみられる集団はライオンの群れに迷い込み襲われた Image copyright Sibuya game reserve
Image caption 保護区所有者によると、密猟者とみられる集団はライオンの群れに迷い込み襲われた

南アフリカの動物保護区で、ライオンに襲われ食べられた少なくとも2人の遺体が発見されたことが5日、明らかになった。被害に遭ったのは、サイの密猟者たちとみられる。

当局によると、同国南東部ケントン・オン・シー近くのシブヤ保護区で保護官たちが、ライオンに食べられた2人もしくは3人の遺体の残骸を見つけた。高性能のライフル銃やおのも一緒に見つかった。

アフリカでは近年、サイの角への需要がアジアの一部で高まっているのを背景に、密猟が増加している。中国やベトナムなどでは、サイの角に催淫効果があるという迷信がある。

<おすすめ記事>

シブヤ保護区の所有者、ニック・フォックス氏はフェイスブックで、密猟容疑者たちは1日深夜から2日早朝にかけて保護区に入ったと発表した。

「(密猟者たちは)ライオンの群れに迷い込んだ。大きな群れだったので、あまり時間はなかった」とフォックス氏はAFP通信に語った。「何人いたかはっきりとは分からない。あまり残っていない」。

Image copyright Sibuya game reserve
Image caption シブヤ保護区では2016年にサイ3頭が密猟者たちに殺されている

遺体の残骸は、3日午後4時半(日本時間午後11時半)に発見された。

現場に到着した密猟摘発チームは、消音装置付き狩猟用ライフル銃や長い柄のおの、ワイヤーカッターといったサイ密猟者が通常使う道具を発見した。

遺体などを回収するため、ライオン数頭には麻酔銃を使わざる得なかったという。

警察は、密猟者の一部がライオンの襲撃を逃れてまだ保護区内にいる可能性があるため巡回を続けている。

シブヤ保護区のある南アフリカ東ケープ州では今年に入り、9頭のサイが密猟者によって殺された。過去10年に殺害されたサイの数は7000頭以上に上っている。

Image caption シブヤ保護区に近いケントン・オン・シー(Kenton-On-Sea)と東ケープ州の位置

(英語記事 Lions eat 'rhino poachers' on South African game reserve

関連トピックス

この話題についてさらに読む