「赤ちゃんトランプ」巨大風船、ロンドン上空浮遊に許可

巨大風船はパーラメント・スクエアから揚げられる予定だ Image copyright Jason Hawkes
Image caption 巨大風船はパーラメント・スクエアから揚げられる予定だ

ドナルド・トランプ米大統領が13日に訪英するのに合わせ、トランプ氏に似せて作られた「赤ちゃんトランプ」巨大風船をロンドン上空に浮かべる計画に5日、市当局の許可が下りた。実際に飛ばすには、さらにロンドン警視庁や航空管理当局の許可も必要だ。

活動家グループが、高さ6メートルの巨大ヘリウム風船を浮かべるため、1万8000ポンド(約260万円)近くの募金を集めた。活動家たちは風船が「傷つきやすい自尊心と小さな手のかんしゃく持ちの赤ちゃん」という、トランプ氏の特徴を表現していると説明している。

ロンドンのサディク・カーン市長が風船の飛行を許可した。計画では、13日朝にロンドン上空を2時間浮遊する。

BBCはホワイトハウスにコメントを求めたが、現時点で返答は得られていない。

イギリス独立党(UKIP)のナイジェル・ファラージ元党首はツイッターで、風船を揚げる計画は、「現職の米大統領に対する過去最大の侮辱だ」と批判した。

Image copyright Andy Aitchison
Image caption 「赤ちゃんトランプ」風船は高さ6メートルになる
Image copyright Jason Hawkes
Image caption 活動家たちは、風船が「かんしゃく持ちの赤ちゃん」というトランプ氏の性格を表現していると話す

クラウドファンディングで今回の計画を進めた活動家のリオ・マリー氏は、「(トランプ氏は)みんなに馬鹿にされるのをものすごく嫌がっているようだ」と話した。

「なので、金曜日(13日)に英国を訪問したときに、英国のみんなが彼を見下して、笑い者にしていると、ちゃんと認識してもらいたい。だから、6メートルの風船を専門会社に作ってもらい、トランプ氏の訪英中にパーラメント・スクエア(国会議事堂前の広場)上空に浮かべるため、みんなで協力して資金を集めた」と語った。

「市長室は当初、『赤ちゃんトランプ』を正当なデモ方法だとは認めず、話はうまく進まなかった」とマリー氏は話す。しかし、市役所は「ユーモアのセンスを取り戻し、『赤ちゃんトランプ』は飛ぶことになった」という。

市長室が発表したカーン市長のコメントは、「平和的な抗議行動を支持しており、これがさまざまな形をとり得ることを理解している」と述べている。

カーン市長のスタッフは活動家たちと面会し、「パーラメント・スクエアの庭を風船をつなぎとめておく場所として使用する」のを許可した。

活動家らによると、巨大風船を揚げる許可を求める署名運動には、1万人以上が賛同した。

トランプ氏とカーン市長はツイッター上で、2017年6月に起きたロンドン中心部でバンと刃物を使った襲撃で8人が死亡した事件などをめぐり、繰り返し意見を衝突させてきた

英航空交通サービス(NATS)の広報官によると、風船を揚げる計画は「管制空域における非標準飛行」にあたるため、NATSの許可も必要だという。

パーラメント・スクエアは飛行制限空域内にあるため、ロンドン警視庁の許可も必要だ。

Image copyright Andrew Aitchison
Image caption ロンドンのイズリントン地区にある「マーティン・ルーサー・キング」アドベンチャーパークで膨らまされた風船

活動家グループの一員、マックス・ウェイクフィールドさんは、「必要な許可がすべて得られると確信している」と語った。

ウェイクフィールドさんによると、クラウドファンディングの当初の目標額はわずか1000ポンドだったが、開始から24時間以内に目標に達したという。

目標を超えた金額については、風船の「世界ツアー」に使い、トランプ氏が訪問する各地で同氏に「付きまとう」ようにするという。

ロンドン警視庁にもBBCはコメントを求めたが、現時点で返答は得られていない。

(英語記事 Giant 'Trump Baby' could fly over London for president's visit

関連トピックス

この話題についてさらに読む