ポンペオ米国務長官、米国は「ギャングのよう」と北朝鮮に言われ反論

ポンペオ米長官は「ギャングのような発想の要求」をしているとの北朝鮮の批判に反論した Image copyright EPA
Image caption ポンペオ米長官は「ギャングのような発想の要求」をしているとの北朝鮮の批判に反論した

北朝鮮を先週訪問したマイク・ポンペオ米国務長官は8日、「ギャングのような発想の要求」をしているとの北朝鮮の批判に反論した。

6、7日の2日間にわたったポンペオ長官の訪朝は、ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が先月12日に首脳会談を行って以来初めて。ポンペオ長官は、北朝鮮に核兵器を放棄させることを国際社会が支持していると述べた。

訪朝後に東京で河野外相と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談したポンペオ長官は記者団に対し、「我々の要求がギャングのようだと言うなら、世界中がギャングだ。何が達成されるべきかについては、国連安保理が全会一致で決めたからだ」と語った。

長官はさらに、「非核化について彼ら(北朝鮮)と話したとき、反論はなかった」としたが、「今後の道のりは厳しく困難が伴う」と認めた。

<おすすめ記事>

金委員長は非核化への強い決意があると表明しているが、具体的な方法は明確になっていない。

ポンペオ長官は今回の訪朝で金委員長とは会わず、側近の金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長と会談し、非核化について協議した。

会談終了後、北朝鮮外務省は国営メディアを通じ、米国が米朝首脳会談の精神に反して一方的な圧力をかけてきたと表明した。

声明は、「米側が建設的なアイデアを持ってくると予想し、何か見返りがあると思っていた」と、ポンペオ長官の訪朝が期待外れだったと示唆。「非核化の決意は(中略)揺らぐかもしれない」と警告した。

北朝鮮はさらに、「米国のギャングのような発想を反映した要求を、(北朝鮮が)忍耐を失い、受け入れざるを得なくなるだろうと考えたなら、それは米国の決定的な間違いだ」と付け加えた。

一方のポンペオ長官は北朝鮮声明に先立ち、「核心的な問題のほぼすべてで前進があった」と会談後に語っており、両国の対照的な姿勢が浮き彫りになった。

北朝鮮の国営メディアは強硬な表現を伝えることが多く、専門家や当局者は今回の声明の言葉遣いも、北朝鮮の交渉戦術かもしれないと指摘している。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
米朝首脳会談 勝ったのは誰?

シンガポールでの米朝首脳会談で韓国との合同軍事演習の停止を約束したトランプ大統領は、会談後に北朝鮮の核の脅威はなくなったと主張していた。

しかしトランプ大統領はその後、対北朝鮮制裁の継続を決定している。さらに、北朝鮮が核・ミサイル施設を増強し続けているとの指摘も、米情報機関関係者から出ている。

(英語記事 North Korea: Mike Pompeo rejects 'gangster-like' accusation

この話題についてさらに読む