「あなたの死は規約違反」 米ペイパルが顧客に通知

レオ・ケリオン テクノロジーデスク編集長

昨年撮影された、リンゼイ・ダードルさん(左)とハワードさんの写真 Image copyright Howard Durdle
Image caption 昨年撮影された、リンゼイ・ダードルさん(左)とハワードさんの写真

オンライン決済大手の米ペイパルが、がんで死んだ英国人女性、故リンゼイ・ダードルさんに、その死が規約違反であり、そのため法的手段に出る可能性があるとの手紙を送っていた。ペイパルはこの手紙が「無神経だった」と認めて夫のハワード・ダードルさんに謝罪。なぜ送られてしまったのか調査を始めた。

この出来事は、ハワードさんがBBCに連絡を取って明るみに出た。

ハワードさんは、自動送信メッセージが受け取った人を苦しめる可能性について、他の組織にも気づいて欲しかったと語った。

リンゼイ・ダードルさんは5月31日、37歳で亡くなった。

その1年半前、リンゼイさんは乳がんとの診断を受けた。がんはその後、肺と脳にも転移した。

ハワードさんは3週間前、ペイパルにリンゼイさんの死を通知した。

ハワードさんは同社の要求に応え、ペイパルにリンゼイさんの死亡証明書と遺言、身分証明書のコピーを提供した。

Image copyright Howard Durdle
Image caption ペイパルはリンゼイさんの死を伝えられていた

ハワードさんは最近、英南東部ウェストバークシャーのバックルベリーにある自宅に、リンゼイさん宛てで送られてきた手紙を受け取った。

手紙の書き出しはこうだった。「重要:この通知を注意深く読んでください」。

手紙はダードルさんがペイパルに対し約3200ポンド(約47万1400円)の借金があることが書かれたあと、以下のように記されていた。「あなたが死亡したとの通知を受け取っていますが、あなたはペイパル・クレジット規約の15条4項に違反している状態です。(中略)この規約違反の状態は解決しません」。

ペイパルはハワードさんにこの問題を「優先課題として」調べる一方、債権は放棄すると述べた。

「我々はこの手紙が引き起こした苦痛についてダードルさんに謝罪した」とペイパルの広報担当者は付け加えた。

「我々は緊急でこの問題を調査している。また、ダードルさんを支援するため、直接連絡をとっている」

Image copyright Howard Durdle
Image caption ペイパルはこの手紙をリンゼイさんに送った

ハワードさんはペイパルの従業員の1人に、この手紙について3つの説明が考えられると伝えられたという――。

  • バグ(技術的問題)
  • 手紙の定型書式が悪かった
  • 人為的ミス

ハワードさんによると、ペイパルはこの出来事の原因が何であれ対応すると確約したが、「内部の問題」であるため、情報を共有できないと説明したという。

「私は今、理性を保っているし、かなり冷静な人間で、このような書類の処理も十分可能だ」とハワードさんは話した。

「しかし、私は慈善団体『ウィドウド・アンド・ヤング(死別した人と若者)』の一員で、このような手紙や同様のことが誰かの正気を完全に失わせることがあるのを直接見てきた」

「もし今回のことについて騒ぎ立てるとすればそれは全て、近親者を失って間もない人々を傷つける可能性があることを、ペイパルや同じように無神経なことをするかもしれない他のあらゆる団体に認識してほしいからだ」

(英語記事 PayPal told customer her death breached its rules

この話題についてさらに読む