米国内線で一般市民を監視 不審行動を報告も=米報道

TSAは、2001年の同時多発テロを受け、同様の攻撃を防ぐ目的で設置された Image copyright Getty Images
Image caption TSAは、2001年の同時多発テロを受け、同様の攻撃を防ぐ目的で設置された

米運輸保安局(TSA)は、飛行機の国内線で特定の一般市民を監視する制度を運用しているとの批判に直面している。米メディア各社が30日までに伝えた。

「クワイエット・スカイズ(静かな空)」と呼ばれる監視制度は、非公表のアルゴリズムを使って、犯罪歴がないものの監視する必要があるとみなされる国内線の乗客を選び出しているという。

報道によると、現場で監視を行う航空保安官たちは監視制度に反対していた。

TSAは監視制度で人種的分析は全く行っていないとし、「実用的な」方法だと説明した。

TSAはBBCの取材に文書で回答し、「定期的な見直しに加えて、法律やプライバシー、市民の権利と自由に関する当局による積極的な管理がされており、地上1万メートルで再びテロ行為が起きるのを防止する上で、同制度は実用的な手法だ」と述べた。

「静かな空」制度とは?

米紙ボストン・グローブによって28日に最初に報じられた「静かな空」制度では、連邦航空保安官らが旅行者を追跡し、不審行動があればTSAに報告している。

同紙によると、監視対象になった米国市民を含む旅行者は、テロリストの監視リストに載っていたり、不正行為の容疑がかけられていたりはしないという。

「静かな空」のリストに名前が載っても、本人は通知されない。米メディアによると、対象者は50人以下だという。

TSAは「静かな空」の運用を2010年から始めているが、これまで公表してこなかった。

Image caption 航空保安官たちは「静かな空」制度の対象者を監視する上で、注意すべき行動のリストを使っている

航空保安官たちは何を見ているのか

報道によると、「静かな空」はまず、旅行者の移動パターンやどのような集団とつながっている可能性があるのか、アルゴリズムを使って分析する。

当局者は得られたデータを検討した上で、航空保安官による監視下に置くべきか決定する。

TSAはBBCへの回答文書で、「制度の目的は、空の旅の道中で乗客や乗員の安全が守られているようにすること」だと述べた。

「制度は人種や宗教を考慮に入れていないし、一般の米国市民の監視が目的ではない」

ボストン・グローブが報じたTSAの内部資料によると、航空保安官たちは、下記のような旅行者のさまざまな行動を監視している。

  • 過剰にそわそわしている
  • 過剰に汗をかいている
  • 冷たく、刺すような視線で凝視
  • 目を大きく見開き、凝視する様子
  • 顔を手で触る
  • フライト中にどの程度寝ていたか
  • スマートフォンの使用

TSAの報道官は、もし旅行者の行動に特に変わりがなく、飛行機が何事もなく到着した際には、対象者が当局から接触を受けたり、逮捕されたりすることはないと語った。

(英語記事 US airport security's 'Quiet Skies' programme tracks passengers

関連トピックス