ロバート・レッドフォードさん、俳優業は次回作で引退と

Robert Redford at the New York premiere of 'Our Souls At Night' at The Museum of Modern Art on September 27, 2017 in New York City.

画像提供, Getty Images

米ハリウッドのベテラン俳優・監督のロバート・レッドフォードさん(81)が6日、次の出演映画を最後に俳優としては引退すると発表した。

「決してというのは決して言わない方がいいが、演技という意味ではこれでおしまいだと、だいたい決心がついた」とレッドフォードさんは米芸能誌エンターテインメント・ウィークリーに話した。「21の時からずっとやっていたんだし、引退に向かっていく」、「もうこれで十分だろうと思った。どうせなら、明るくてポジティブな作品で終わったらどうだとも思った」とも話している。

レッドフォードさんは映画「スティング」、「明日に向かって撃て」などの出演作で有名で、1981年には「普通の人々」で監督としてアカデミー賞を受賞している。2016年のインタビューでは「俳優業に疲れた」と言い、監督業に集中したいと話していた。

主演の次回作は、実話を基にした「The Old Man and The Gun」。演じるのは、脱獄を何度も繰り返したことで知られる、フォレスト・タッカー役。カリフォルニア州サン・クェンティン刑務所で長さ4メートル超のカヤックを作り、59歳だった1979年に囚人仲間2人と脱獄した。

画像提供, Michael Ochs Archives

画像説明,

1969年にポール・ニューマンと共演した「明日に向かって撃て」

カヤックの船体には「ラバダッブダッブ(ぴちぴちちゃぷちゃぷ) マリン郡ヨットクラブ」と書き込んであったため、見つけた看守は乗っているのが脱獄囚だと気づかず、沈みそうだが大丈夫かと声をかけた。タッカーたちは大丈夫だと答え、そのまま岸にたどり着いた。

脱獄後のタッカーは偽名を名乗り、結婚し、他の犯罪者と手を組んで、「峠を越えた一味」と呼ばれた。仲間たちと一緒に、十数件の銀行強盗を繰り返したとされる。