露カラシニコフが電気自動車を発表 「米テスラに対抗」

A prototype electric vehicle developed by Russian manufacturing company Kalashnikov, 22 August 2018 Image copyright AFP/Getty Images
Image caption カラシニコフが発表した電気自動車「CV-1」

ロシアの大手メーカー、カラシニコフが、レトロなデザインの電気自動車「CV-1」を発表した。イーロン・マスク氏率いる米テスラに対抗できるとしている。

自動小銃「AK-47」のメーカーとして有名な同社は23日、モスクワ近郊で行われたイベントでCV-1を披露。1970年代の旧ソ連のハッチバックに着想を得たデザインだが、革命的で最先端の「スーパーカー」だと説明した。

カラシニコフによると、CV-1は「世界的な電気自動車メーカー、テスラと肩を並べられる」技術を使った数々の「複雑なシステム」を搭載しているという。

さらに、開発が完了すれば最高時速は、従来の自社製電気自動車の数倍に達し、1回の充電での航続距離は350キロに上る見込みだ。

今回お披露目されたのは初期段階のプロトタイプのため、販売価格などの詳細は明らかにされなかった。

カラシニコフはブランドの多角化を模索しており、最近では衣料品部門を設置したほか、傘やスマートフォン向けカバーといった日用品にも手を伸ばしている。

しかし電気自動車の開発については、ロシアでも賛否が分かれている。

同社のフェイスブック・ページには、ソーシャルメディアの利用者が次々に、テスラに対するロシアの挑戦についてコメントを寄せた。レトロなデザインについても、「おかしなゾンビのよう」という意見から「かっこいい」という称賛までが出揃った。

あるユーザーは「カラシニコフの戦車は素晴らしいが、自動車には手をつけないほうがいいと思う」と書いた。

Image copyright Kalashnikov Media
Image caption カラシニコフが発表した軍事ロボット「イゴレク」

カラシニコフは今週初め、軍事ロボット「イゴレク」を発表した。高さ4メートル、重さ4.5トン、人が乗り込んで操縦するもので、「エンジニアリングや戦闘任務を行う」という。

ロボットの小型化、デザイン化、スマート化競争が進む中、イゴレクの重量感のある古いデザインはソーシャルメディアなどでしきりにからかわれた。

同社はその後、2020年の展示会で改良版を発表する意向を示した。

(英語記事 Russia wheels out its answer to Tesla

関連トピックス