サラ・ペイリン氏は葬儀参列ご遠慮ください……故マケイン米上院議員の遺族

Palin and McCain Image copyright Getty Images
Image caption ペイリン氏は10年前の8月29日、マケイン氏の副大統領候補として発表された

故ジョン・マケイン米上院議員が2008年米大統領選で共和党候補となった際、副大統領候補だったサラ・ペイリン元アラスカ州知事に対し、マケイン氏の遺族は葬儀への参列を遠慮するよう伝えたと米メディアは伝えている。

米NBCニュースなどによると、マケイン家は代理人を通じて、ペイリン氏に参列を控えて欲しいと伝えたという。ペイリン家の「消息筋」がNBCニュースに、元知事は遺族の「意思を尊重」するつもりだと述べた。

マケイン氏は10年前の2008年8月29日、副大統領候補はペイリン氏だと発表した。キリスト教右派など超保守派の支持を固めるための人選で、本選に向けて共和党候補2人の支持率は上がったものの、それまで全国的にほとんど無名だったペイリン氏の経験不足や知識不足などが穏健派からは批判された。マケイン氏は後に、ペイリン氏を選んだことを後悔していると著書内で書いた。

ペイリン家の代理人は29日、報道陣に「ペイリン家は今後も常に、マケイン家の皆さんとの友情を大事に、思い出を大切にしていきます」とコメントした。

Image copyright EPA
Image caption 父親の棺を前に泣き崩れる娘メガン・マケインさん(29日、アリゾナ州)

海軍将校、ベトナム戦争の捕虜、米政界の異端児、共和党の大統領候補、上院議員6期などを経たマケイン上院議員は25日、脳腫瘍のため亡くなった。81歳だった。

訃報が伝わると、ペイリン氏は「ジョン・マケインは友達でした。楽しかった時をこれからも思い出します。家族と共に、シンディー(夫人)とマケイン一族にお祈りを送ります」とツイートした。

29日の米誌ピープルによると、ペイリン元知事を葬儀に招かないという決定は、おそらくマケイン氏の妻、シンディー夫人によるものだろうとマケイン家の関係者は話している。

この関係者は同誌に匿名で、「彼女はジョンの思い出や功績をとても大事にしているし、夫を失って嘆いている。出来る限り最善を尽くして、今の状態を乗り切りたいんだと思う」と話した。

同誌も、葬儀参列を遠慮して欲しいという伝言は仲介者を通じてペイリン氏に伝えられたと書いている。

数十年前から政治資金集めでマケイン家に協力してきた活動家のカーラ・ユーディー氏は同誌に、ペイリン元知事のほかドナルド・トランプ米大統領も「招待されなかった」と話した。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
故マケイン米上院議員、国民に別れの言葉 「壁の後ろに隠れないで」

候補にして後悔

副大統領候補になるまで全国区ではほぼ無名だったペイリン氏は、一気に政界のスターとなり、白人女性を中心に多くの保守派の支持を得た。2012年以降の大統領選では繰り返し出馬が取りざたされたほか、フォックス・ニュースに登場したり自分のチャンネルを持つなど、活動を続けた。

しかし、マケイン氏は今年5月に発表された回顧録「The Restless Wave」で、ペイリン氏の人選を後悔していると書いた。代わりに、友人のジョー・リーバーマン元上院議員(民主党)を選ぶべきだったと振り返った。

本の発表当時、ペイリン氏は「みぞおちを殴られたよう」で、「少し」傷ついたとコメント。同時に、脳腫瘍と戦っているマケイン氏は「自分の過去の判断について、あの大統領選のことでさえ、前向きな側面」を見つけたほうがいいと助言していた。

Image copyright Getty Images
Image caption ペイリン氏はマケイン氏が上院再選を目指した2010年、遊説に協力した

旧友バイデン前副大統領が弔辞

マケイン氏の遺体は29日、地元アリゾナ州フィーニックスの州議会議事堂に安置された。猛暑の中、数千人が長時間にわたり行列し、35年にわたり連邦議会でアリゾナ州の代議員を務めたマケイン氏に最後のお別れをした。

30日に遺体は近くの教会に運ばれ、追悼式で旧友のジョー・バイデン前副大統領などが弔辞を述べた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
バイデン氏、マケイン氏を追悼 権力の乱用を認めなかった

マケイン氏と同じく上院議員を6期務めたバイデン氏(デラウェア州選出)は、自分とマケイン氏は兄弟のようなもので「本当にしょっちゅう兄弟げんかをした」と気持ちをこめて語った。

「ジョンはアメリカというのがそもそもは、理念なんだと理解していた。大胆で危なっかしくて、氏素性のつながりで作られたものではなく、理想をもとに作られた国だと」

バイデン氏はさらに、マケイン氏は「どこの国だろうと、どんな形だろうと、権力の乱用は絶対に認めなかった」と述べた。

遺体はこの後、地元を離れ、政府専用機でワシントンへ運ばれた。1日には、国立大聖堂で追悼式が開かれる。

2008年と2000年の大統領選でそれぞれマケイン氏を下したバラク・オバマ前大統領とジョージ・W・ブッシュ元大統領のほか、ヘンリー・キッシンジャー元国務長官らが弔辞を読む予定。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ジョン・マケイン米上院議員 英雄から異端児、そして重鎮に

(英語記事 John McCain: Sarah Palin 'excluded from his funeral'

この話題についてさらに読む