故マケイン米上院議員、海軍兵学校に埋葬

The funeral procession of the late Senator John McCain heads to the cemetery for a private burial at the US Naval Academy in Annapolis Image copyright Reuters
Image caption マケイン米上院議員の遺体はメリーランド州アナポリスの海軍兵学校に運ばれた

8月25日に脳腫瘍のため81歳で亡くなったジョン・マケイン米上院議員の遺体が2日、米メリーランド州アナポリスの海軍兵学校に埋葬された。

1958年に海軍兵学校を卒業し、後に戦闘機パイロットとしてベトナム戦争で戦ったマケイン氏は、近親者や同級生、現在の士官候補生たちが見守るなか、敷地内の墓地に埋葬された。マケイン氏を象徴して1機少ない軍用機の編隊が、上空を飛んで、故人を称えた。

Image copyright Reuters
Image caption マケイン氏は海軍兵学校で旧友の隣に埋葬された

マケイン氏は同級生で友人のチャック・ラーソン提督の隣に埋葬された。ラーソン提督は2014年の時点で、自分と妻、そしてマケイン夫妻のために場所を予約していたという。

「チャックは、相棒の僚機を取り戻しました」と、提督の妻サラ・ラーソンさんはCNNに話した。

Image copyright Reuters
Image caption マケイン氏の遺体が海軍兵学校へ向かう様子を大勢が沿道で見守った

マケイン氏の長年の親友で、国立大聖堂で行われた1日の告別式でも弔辞を読んだジョー・リーバーマン上院議員(元民主党)はCNNに対して、「別れを告げて、心が重くなる。涙を流して、それでもジョン・マケインのような人をこれほど良く知ることができて、神に感謝する」と話した。

マケイン氏と繰り返し対立し、互いを非難しあったドナルド・トランプ米大統領は告別式に参列せず、バージニア州にある自分のゴルフ場で週末を過ごした。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
マケイン氏の娘「アメリカは再び偉大にされる必要などない」

告別式では、マケイン氏の娘メガンさんが涙ながらに父親を紹介するなかで、「ジョン・マケインのアメリカは、再び偉大にされる必要などありません。なぜならアメリカはいつでも偉大だったので」などと時に激しい口調で語り、名指しはしないものの、トランプ大統領を事実上批判した。

バラク・オバマ前大統領などの弔問客も、マケイン氏の公平性や米国の理念への献身を称え、それが間接的にトランプ氏批判になっていた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
オバマ氏、マケイン氏は支持者に反論し「アメリカの本質を擁護」

(英語記事 John McCain funeral: Senator laid to rest at US Naval Academy

関連トピックス

この話題についてさらに読む