ロイター記者、国家機密法違反で有罪判決 ミャンマー

チョー・ソウ・ウー記者(左)とワ・ロン記者は、警察にわなにはめられたと主張している Image copyright EPA
Image caption チョー・ソウ・ウー記者(左)とワ・ロン記者は、警察にわなにはめられたと主張している

ミャンマーの最大都市ヤンゴンの裁判所は3日、国家機密法違反の罪で起訴されたロイター通信の記者2人に対し、禁錮7年の判決を言い渡した。記者2人は同国のイスラム系少数民族ロヒンギャに対する暴力について調査していた。

ミャンマー国籍のワ・ロン記者(32)とチョー・ソウ・ウー記者(28)は、国家機密の文書を所持していたとして逮捕された。逮捕は2人が警察官から書類を受け取った直後だったという。

両記者は、警察当局にわなにかけられたとして無罪を主張していた。

この問題はミャンマーにおける報道の自由への試練と広く受け止められている。

記者の1人、ワ・ロン記者は判決後、「恐怖はない。何も悪いことはしていない。正義、民主主義、自由を信じている」と語った。

いずれも幼い子供を含む家族を持つ両記者は、2017年12月の逮捕から判決まで勾留されていた。

ロイター通信のスティーブン・アドラー編集主幹は、「ミャンマーとロイターのジャーナリストであるワ・ロン記者とチョー・ソウ・ウー記者、そして報道機関全体にとって、今日は悲しい日だ」"と延べた。

Image copyright Reuters
Image caption チョー・ソウ・ウー記者の妻チット・スー・ウィン氏は、有罪判決を聞くと涙を流し崩れ落ちた

記者2人はミャンマー人で、共にロイター通信に所属している。

イェ・ルウィン判事はヤンゴンの裁判所で、両記者が「国益の侵害を企てた」とし、「そのため、両名は国家機密法違反で有罪となる」と述べた。

Image copyright Reuters
Image caption 判決を前に、抗議活動参加者は連帯を示すため行進した

ワ・ロン記者とチョー・ソウ・ウー記者は、ミャンマー西部ラカイン州の北部に位置するイン・ディン村で、政府軍が男性10人を処刑した件について証拠を集めていた。

調査中、両記者は警察官2人から書類の提供を受けたが、その直後に機密書類を不法所持していた容疑で逮捕された。

当局はその後、殺害に関する当局自身による調査結果を公開し、大量殺人があったことと、関与した人物に措置を講じることを認めた。

「とても悩ましい」

判決は観測筋や人権団体から広く批判されている。

ロイター通信によると、ダン・チャッグ在ミャンマー英大使は「我々はこの判決に極めて失望している」と述べた。

Image copyright Reuters
Image caption ロイター通信の記者が調査していた、インディン村で死亡したロヒンギャ男性10人

スコット・マルシール米大使も、裁判所の決定は「この国で報道の自由のため懸命に戦ってきた全員にとって、ひどく悩ましい」ものだと述べ、同様に批判した。

国連のミャンマー常駐人道調整官クヌート・オスビー氏はツイッターで声明を公開し。国連は記者2人の「解放を絶えず要求してきた」とし、「報道の自由は平和、正義、そして全ての人の人権にとって不可欠なものだ。我々は今日下された裁判所の決定に失望している」と述べた。

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチのアジア担当ディレクター、ブラッド・アダムズ氏は「理不尽な有罪判決は、軍による残虐行為について報道を口封じしようとするミャンマー裁判所の意志を表している」語った。

「判決文は、アウンサンスーチー政権下における報道の自由についての新たな最低水準と、諸権利のさらなる後退を示している」

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ロヒンギャの難民少女たち 10代で妊娠結婚、人身売買、性的労働

判事の健康状態悪化を理由に、両記者への判決は1度延期されていた。

今回の判決の1年前には、ロヒンギャ武装勢力が警察の交番複数を攻撃し、ラカイン州の危機的状況が頂点に達した。

ミャンマー軍は少数民族ロヒンギャに対する残酷な取り締まりで応じた。

ラカイン州へのメディアの接近は政府により厳しく統制されており、同地域から信頼できるニュース報道を得るのは難しくなっている。


<解説>自由への強烈な一撃 ニック・ビークBBCミャンマー特派員(ヤンゴン)

判決が下されると、ワ・ロン記者とチョー・ソウ・ウー記者は頭を垂れた。裁判を傍聴していた両記者の家族は、涙を流し崩れ落ちた。

両記者は自分たちがわなにかけられたと一貫して主張している。拘束中に生まれた第1子の誕生に立ち会えなかったワ・ロン記者は判決後に移動させられる際、自分は無実だと再び抗議した。

多くの人が今回の判決を、ミャンマーにおける報道の自由への強烈な一撃であり、アウンサンスーチー氏の政党が自由選挙で勝利してから3年後の新たな後退だとみるだろう。

先週、ミャンマー軍最高幹部をロヒンギャに対するジェノサイド(集団虐殺)の罪で訴追すべきとの報告書を国連の調査団が発表した。今回判決を受けた記者がまさに調査していた内容だった。


(英語記事 Reuters journalists jailed in Myanmar over secrets act

この話題についてさらに読む