北海道でM6.7の強い地震、土砂崩れや停電も 多数行方不明

Damaged house in Atsuma town Image copyright EPA/Jiji press
Image caption 厚真町(あつまちょう)では土砂崩れによって多くの家屋が倒壊した

日本の北海道で6日午前3時8分ごろ、マグニチュード(M)6.7の強い地震が発生した。各地で土砂災害が発生し、家屋が崩れるなどの被害が出ている。

NHKによると、7日正午現在、8人死亡、8人心肺停止、24人安否不明という。

約295万戸が停電したほか、泊原子力発電所も電源が絶たれた。

経済産業省は7日朝、同日午前6時までに全体の4割超に当たる約131万戸で電力が復旧したと発表した。

日本では4日に西日本を非常に強い台風21号(チェービー)が襲い、大きな被害が出たばかりだった。

震源地は札幌から南西62キロほどの胆振(いぶり)地方中東部だった。

Image copyright Alamy
Image caption 安平町(あびらちょう)でも建物に被害が出た
Image copyright Kyodo/via Reuters
Image caption 札幌でも大きな被害が出ている

ソーシャルメディアでは、地元の住民や観光客などが地震による衝撃を投稿した。

余震を怖れながらも備蓄のために食料品店に並ぶ様子も書かれた。

北海道に住むJanさんはツイッターに地震速報の画面を投稿し、「今朝は恐ろしい目覚ましが鳴った。携帯電話が『地震』と鳴り立てた直後にアパートが揺れだして目が覚めた」とコメントした。

日本の気象当局は、さらなる揺れを警戒するよう注意を呼びかけている。

AFP通信によると、気象庁の松森敏幸地震津波監視課長は「地震発生後2~3日は、規模の大きな地震が発生することが多くある」と話した。

「住民には地震活動や降雨に十分注意し、危険な場所へは近付かないよう呼びかけている」

Image copyright Kyodo/via Reuters
Image caption 土砂崩れにより家屋が倒壊し、停電が発生している
Image copyright EPA/Jiji Press
Image caption 気象庁は、数日間は余震が続くと警告している。写真は厚真町の土砂崩れの様子

日本は世界で最も地震が多発する国のひとつで、M6.0以上の地震の約2割が日本で発生している。

4日に西日本を襲った25年ぶりの強い台風21号では、少なくとも11人が亡くなっており、今なお復興作業が続いている。

(英語記事 Powerful quake and landslides hit Japan

関連トピックス

この話題についてさらに読む