英仏「ホタテ戦争」が決着へ 両国が基本合意

A video screengrab shows fishing boats colliding in the Channel Image copyright EVN/France Télévision
Image caption 「ホタテ戦争」では英仏の漁船が衝突し、投石などがあった

英国とフランスは6日、英仏海峡のホタテ漁をめぐって基本合意に達した。これにより、両国の漁業従事者の間で起きていた「ホタテ戦争」に決着が付きそうだ。

新たな合意では、フランス側の禁漁期間中に英漁船がセーヌ湾でホタテ漁をすることを禁じた。

英仏が共同で発表した声明では、5日にロンドンで行われた協議は「建設的だった」と説明している。

しかし最終的な合意は、これによって漁獲量の減る英小型漁船への「適切な賠償プログラム」が成立するかどうかにかかっている。

何が起きたのか?

英仏海峡でのホタテ漁をめぐっては8月27日夜、英国漁船の「略奪行為」に抗議するためノルマンディーの沖合いにフランスの漁船約40隻が集結し、5隻の英漁船と衝突した。

衝突はノルマンディーの沖合い22キロで発生した。フランスのホタテ漁船員が英国漁船に石や発煙弾を投げつけたり、罵倒を浴びせたりしたと報じられた。

地元テレビ局フランス3ノルマンディーが放送した映像によると、いくつかの船が小競り合いで損傷し、3カ所に穴が空いた。

英国漁船のうちゴールデン・プロミス号とジョアナ・C号は、コーンウォール半島のブリクサム港に戻った際、窓に損傷が確認された。

Image caption 「ホタテ戦争」の起きたセール湾の地図

これを受けて英仏漁業当局の代表たちは5日、ロンドンで会合を開いて解決を目指した。

これまでの取り決めでは、英国の漁船は年間を通じてホタテの豊富なノルマンディー沖、セーヌ湾でのホタテ漁が認められていた。

一方、フランス側は5月15日から10月1日の間、資源保全のために漁が禁じられていた。

この期間は全長15メートル以上の英漁船も漁が認められていなかったものの、これより小さな漁船は漁をすることができた。

5日に両国が決定した基本合意では、全長15メートル未満の小さな漁船にも禁漁期間を課するもよう。対象の漁船への賠償額は、7日にパリで決定される予定だ。

しかし協議に参加した英国側の代表団体は、英国の漁業従事者が保護されない限り、最終的な協定締結には至らないとしている。

サウス・ウェスタン漁業組合のジム・ポータス会長は、「両国の漁師が納得できる取り決めについて交渉できて喜ばしい」と話した。

「フランス側もこれ以上の摩擦を望んではいなかったので、この協議が行われるよう急いでいた」

「だが率直に言えば、7日(の協議)がうまくいかなければ、合意は却下されるだろう」

ポータス会長は、5日の協議でフランス側が先の衝突について「遺憾の意」を示したことを喜んでいると付け加えた。

英国は全てのホタテ漁船に対し、協定が結ばれるまでは問題の海域での漁を停止するよう求めている。

協議の後、フランス側の代表を務めたパスカル・コケ氏は「良い合意内容」だったと話した。

(英語記事 Deal close after Channel scallop row

関連トピックス

この話題についてさらに読む