世界で最も分かりづらい道路標識 カナダ

An indecipherable road sign Image copyright Courtesy Beverly Burlock

カナダ東部ノバスコシア州で、世界で最も分かりづらい道路標識が見つかった。

高速道路103号線沿いにあるこの標識はさまざまな道路標識を無秩序にパッチワークしたように見えるが、それは実際、そうやってできているからだ。

とあるホテルチェーンが8月末、屋外広告を外したところ、その裏から出てきたという。

地元住民は、交通事故の原因になるのではと心配している。

この道路標識は、ノバスコシア州の首都ハリファックスから160キロ離れた漁村ポート・ムートンに向かう高速道路出口の近くにある。

ポート・ムートンに住むべバリー・バーロックさんは週末に車を運転していた際、標識を発見した。

バーロックさんは11日、「最初に思ったのは『どうしよう、観光客はどう思うだろう?』だった」とBBCに語った。

次に考えたのは、標識があまりにもでたらめなため、それを読み取ろうとしたドライバーが車の速度を下げることで事故が起きないかだったという。

特に、標識が103号線の「大変な」カーブに立っていることが心配の種になった。

バーロックさんは、フランス語と英語で書かれた道路や町の名前がパズル状に、中には上下逆さまになっているものもある標識の写真を撮り、地元の交通局に申し立てた。

バーロックさんは申し立てに、「よくこれで車が次々と道路から逸れないか不思議だ」と書いた。

また、州知事や地方議会議員にも、同様の内容を送ったという。

交通局は声明で、すでにホテルと連絡を取っており、「道路利用者を混乱させる要素を排除するため」この標識を週末までに隠すか撤去する意向を明らかにした。

ハリファックスからヤーマスまでを結ぶ103号線は2009年、カナダで最も危険な道路に認定された。2014年には、州政府による安全性の見直しが始まった。

(英語記事 The world's most confusing road sign?

関連トピックス

この話題についてさらに読む