女優ファン・ビンビン氏に8億元の罰金命令、脱税疑惑で 中国

Chinese actress Fan Bingbing Image copyright Getty Images

中国当局は3日、人気女優の范氷氷(ファン・ビンビン)氏(37)に脱税などの罪で8億元超の罰金支払いを命じたと発表した。

范氏は3カ月近く公の場から姿を消していた。

中国国営の新華社通信によると、范氏は期日までに罰金を支払えば刑事告訴されない見通し。

中国政府は著名人の納税申告について取り調べを進めており、范氏への罰金命令もこれに関連するものとみられている。

中国では複数の映画スターが、いわゆる「陰陽契約」を結んでいたとされている。これは、税務当局には出演料を安く欠いた契約書を提出するが、それとは別に、実際の出演料を示した裏の契約書を交わしているという疑惑だ。

中国当局は今回、范氏と同氏が運営する企業に対し、追徴課税や罰金などで合わせて8億8300万元(約146億円)の支払いを命じた。

Image copyright Reuters
Image caption 范氏はハリウッドの人気映画にも出演している

范氏は3日、中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボ)」のアカウントに、「最近、今まで感じたことのない苦痛に悩まされていた(中略)自分のしたことをとても恥じている。ここで皆さんに深くお詫びしたい」と投稿した。

范氏の代理人は、追加捜査のために警察に身柄を拘束されている。事務所は先に、范氏は「陰陽契約」を結んだことはないと表明していた。

范氏は中国で最も影響力のある著名人の1人で、米誌フォーブスが昨年発表した中国の長者番付では、年収が約3億元に上ると伝えられていた。

范氏はハリウッド映画の「Xメン」シリーズや「アイアンマン」シリーズにも出演している。6月に公の場から姿を消すと、数百万人のファンの間に不安が広がった。

ソーシャルメディアでは范氏の行方が取りざたされ、当局に逮捕されているのではとの憶測が広がった。

(英語記事 Top Chinese actress fined for tax evasion

この話題についてさらに読む