ホワイトタイガーに襲われ職員死亡 日本

ホワイトタイガーが職員を攻撃した原因は明らかになっていない(資料写真) Image copyright Reuters
Image caption ホワイトタイガーが職員を攻撃した原因は明らかになっていない(資料写真)

鹿児島県平川町の平川動物公園で8日、トラのおりの中で動物園の男性職員(40)が首から血を流して倒れているのが見つかった。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。このおりでは希少動物のホワイトタイガーが飼育されていた。

現地報道によると、同動物園で飼育されているホワイトタイガー4頭のうちの1頭が職員を襲ったと警察当局はみている。

救急隊と警察が現場に到着した際には、ホワイトタイガーは麻酔で眠らされていた。

襲撃は8日午後、鹿児島県南部の平川町にある平川動物公園で起きた。

共同通信によると警察は現在、動物園でのホワイトタイガーの飼育方法について捜査している。

英国では2017年、中東部ケンブリッジシャーの動物園で、飼育係がおりの中でトラに殺されている。ロシアでも同年、西部のカリーニングラードで職員がトラに襲われたが、一命を取り留めた


ホワイトタイガーとは

Image copyright AFP
Image caption ホワイトタイガーは絶滅危惧種に指定されている(資料写真)
  • ホワイトタイガーは、ベンガルトラの変異種。ベンガルトラは通常、赤褐色をしているが、ホワイトタイガーは劣性遺伝子が原因で色が白い
  • 現在はもっぱら捕獲プログラムのみで見られ、特徴的な被毛の色の維持を目的に、限られた頭数だけ近親交配されている
  • 動物園で飼育されているホワイトタイガーは、健康上の問題を抱えていることが多い。視力の問題や奇形などがみられる
  • 野生のホワイトタイガーとして確認されていた最後の一頭は、1958年に射殺されたことが分かっている。それ以前には、インドで時折目撃されていた

(英語記事 White tiger kills zookeeper in Japan

関連トピックス

この話題についてさらに読む