トランプ大統領「米国は核兵器を増産する」 中ロをけん制

US President Donald Trump speaks to the media before departing on Marine One at the White House on 22 October 2018 in Washington, DC Image copyright Getty Images
Image caption トラン大統領は、ロシアが中距離核戦力(INF)全廃条約に違反しているとの主張を繰り返した

ドナルド・トランプ米大統領は22日、ロシアと中国に圧力を掛けるために核兵器の軍備を拡張すると警告した。

記者団に対して大統領は、米国が1987年に旧ソ連と結んだ中距離核戦力(INF)全廃条約にロシアが違反しているとの主張を繰り返した。トランプ氏は20日、同条約からの離脱を表明した。

冷戦時代に合意したINF全廃条約は中距離ミサイルを禁止し、旧ソ連による欧州各国への脅威を削減するもの。

ロシアは条約違反を否定している。その上で、米国が武器を増産するなら同様の対抗措置を取ると警告した。

<関連記事>

トランプ氏は、「みんなが正気に戻るまで」軍備を拡大するつもりだと話した。

「これは中国だろうがロシアだろうが、このゲームがしたいあらゆる国に対する脅しだ。(中略)ロシアはこの条約の精神も、この条約自体も守っていない」

ロシアが米政府の離脱表明を非難する中、ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は22日にモスクワ入りし、ロシア高官らと会談している。

ボルトン氏はロシア側から、米国がINF全廃条約を離脱すれば核非拡散の制度に「深刻な打撃」があると伝えられた。

Image caption INF全廃条約で禁止されているミサイルの射程距離

一方、ロシアのニコライ・パトルシェフ連邦安全保障会議書記は、ロシア政府はINF全廃条約に関する「双方の」不満を解消するため米国と協力する「用意」があると述べた。

ボルトン氏の訪ロに先駆け、ロシア政府は核の均衡を保つためのプロセスに入ると警告した。

ディミトリ・ペスコフ政府報道官は、「この問題について米国側の説明を聞きたい。条約破棄となれば、ロシアも自国の安全保障のために動かざるをえない」と話した。

Image copyright Russian Defence Ministry
Image caption ロシアの短距離弾道ミサイル「イスカンデルM」

INF全廃条約とは?

INF全廃条約は冷戦末期の1987年、ミハイル・ゴルバチョフ元ソビエト連邦(ソ連)大統領と当時のロナルド・レーガン米大統領が調印した。

射程範囲500~5500キロの核弾頭および通常弾頭を搭載した地上発射型の短距離および中距離ミサイルを廃棄するよう定めている。

ゴルバチョフ氏は21日、米国の条約破棄は核軍縮達成への努力をひっくり返すものと非難した

Image copyright Getty Images
Image caption ゴルバチョフ氏(左)とレーガン氏は1987年、INF全廃条約に調印した

米政府は、ロシアが条約に違反し、地上発射型の新型巡航ミサイル「9M729」(北大西洋条約機構の識別コードは「SSC8」)を開発したと主張してきた。ロシアはこれによって、北大西洋条約機構(NATO)加盟国をごく短時間で核攻撃できるようになる。

ロシア側は、ミサイル開発は条約違反に当たらないと主張しているが、NATOは今年7月、ロシアがこのミサイルについて「信頼できる回答」を提供しなかったことから、「もっとも妥当な評価として、ロシアはINF全廃条約に違反しているといえる」と結論付けた。

ドイツのハイコ・マース外相はトランプ氏の条約離脱表明について「残念だ」と話し、この条約は「欧州に住む我々にとって非常に重要なもの」だと説明した。

条約離脱は中国をけん制する動きだという見方もある。中国はこの条約に参加していないため、中距離ミサイルなどを自由に開発できる。

INF全廃条約からの離脱により、2021年2月に期限を迎える新戦略兵器削減条約(新START)など、米露間で結ばれている他の核軍縮合意についても不透明感が生まれることになる。

米国が最後に主要な武器条約から離脱したのは2002年。当時のジョージ・W・ブッシュ大統領が弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約からの離脱を表明した。

(英語記事 US to build up nuclear arsenal - Trump

この話題についてさらに読む