下半身まひの3人、再び歩けるように 脊髄に機器埋め込みで

パラブ・ゴーシュ BBCニュース科学担当編集委員

トブラーさん(左)、オスカンさん(中央左)、ムジーさん(右)の3人は全員、クルティン博士(中央右)による研究の恩恵を受けている
Image caption トブラーさん(左)、オスカンさん(中央左)、ムジーさん(右)の3人は全員、クルティン博士(中央右)による研究の恩恵を受けている

車椅子生活が一生続くと告げられていた下半身まひの男性3人が、スイスの医師たちのおかげで再び歩けるようになった。

学術誌「ネイチャー」で発表されたこの研究は、脊椎の周りに埋め込まれた電子機器が、脳から脚への信号を増幅するというもの。機器はさらに、損傷を受けた脊髄内の神経の修復を助けるという。

神経の回復は研究チームにとっても予想外だった。この副産物によって、究極的には一部のまひ患者が自分の力で患部を動かせるようになるのではと期待されている。

BBCニュースは、臨床試験に参加した患者3人を独占取材した。

最初に治療を受けたのは、スイス出身のデイビッド・ムジーさん(30)。7年前のスポーツ中の事故で、深刻な脊髄損傷を負った。

「不可能への挑戦」

ムジーさんは医師に、一生歩けないだろうと言われていた。

しかし、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究チームが開発した埋め込み式の電子機器のおかげで、ムジーさんは機器の電源をオンにしていれば1キロ先まで歩けるようになった。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
下半身まひでも歩けるように 脊髄に電子機器埋め込みで=スイス

晴れ渡る空の下、ジュネーブ湖を見渡せるアルプスのふもとを歩きながらムジーさんは、制御された中の短期間ではあるものの、再び歩けるようになったことが人生を変えたと話してくれた。

「私にとっては大きなことです。人間はこんなことができりうようになったのかと、驚きました。可能性を可能にするためには不可能に挑戦しないと駄目です。すごく楽しいし、とても良い気分です」

ムジーさんはとても前向きな人物のように見えたが、負傷後は落ち込んだ時期があったという。

試したリハビリがすべて失敗に終わったため、ムジーさんはEPFLのグレゴワ・クルティン博士が主導する臨床実験に参加することに同意した。

Image copyright BBC News
Image caption ムジーさんはクルティン博士の娘に、目の前で歩いてみせると宣言した。そして約束を守った

クルティン博士は、ムジーさんの実験成功への決意について語ってくれた。

「私は、当時生後1カ月だった娘のシャルロットを連れて行ったんです。デイビッドは娘の目を覗き込んで、『君より先に歩く』と宣言しました」

「シャルロットが1歳2カ月で初めて歩いたころには、デイビッドはジュネーブ湖畔を歩いていました」

「デイビットは娘に『君に勝った』と宣言していました」

Image caption 脊髄に機器を埋め込む手術の概要。(1) 脊髄内の神経は脳から脚に信号を送る、(2) 脊椎が損傷すると、脊髄内の神経が送る信号が脚に伝わらなくなるが、(3) 機器が信号を増幅することで脚が動くようになる。また、損傷した神経の回復効果もあるとみられる

脊髄に機器を埋め込む手法で、ムジーさんは再び歩けるようになった。さらに、驚くような効果がほかにあった。

「脊髄が修復されるなど、まったく予測していなかった」と同博士は話した。

「動物実験では、神経が再び成長し、脳と脊髄とをつなぎ直したように見えた」

<関連記事>

エムジーさんの手術は、ローザンヌ大学病院のジョイスリン・ブロック医師が勤めた。ブロック医師はスイスでも有数の神経外科医だ。

ブロック医師もまた、ムジーさんの状態の改善に目を見張ったと語った。

ムジーさんは現在、機器の電源を入れていない状態でも8歩歩くことができる。これは脊椎損傷患者の歩行例として世界初の記録となった。

研究所の実社会では、ムジーさんが数歩以上歩くのは難しい。電子機器の信号は不快感を催すため、常時は使えないのが現状だ。

またこのシステムは高額で、研究所の外で日常的に使うには信頼性が足りない。そのため、治療法として確立しているとは言いがたい。

歩行と希望を取り戻した

しかし慈善団体「スパイナル・リサーチ」の科学ディレクターを務めるマーク・ベーコン博士は、この研究によって、少なくともある程度までは、まひ状態を巻き戻せる可能性が示されたと指摘する。

「現在の状態では、患者にとって最適な選択肢かどうかは疑わしい」

「しかし、この研究は(神経の)再成長を刺激するのに何が必要かを示す有用なモデルで、究極的にはまひ状態を克服できることを示唆している」

ムジーさんに続いて臨床実験に参加し2人も、それぞれのペースで、もう一度歩くことに成功した。

Image copyright BBC News
Image caption 男性3人は今のところ、機器の助けを借りて歩行している

オランダのハートヤン・オスカンさん(35)は7年前に車にはねられた。

オスカンさんは誕生日の当日に、医師から一生まひ状態だと告げられた。オスカンさんは現在、いくつかの動きができるようになった。

ドイツ出身のセバスチャン・トブラーさん(48)は熱心なサイクリストで農村地帯を走るのが好きだったが、自転車で事故を起こした。

トブラーさんは現在、手で動かす特別製の自転車に乗っているが、一部は脚でも動かせるようになった。

研究チームは、開発したこのシステムによって、二度と歩けないと言われた人たちの動きを改善したり復活させられるだろうと期待している。

向こう3年で欧州と米国でより大掛かりな臨床試験を展開する予定だ。

この試験が好調に進めば、より広く利用できるようになると科学者たちは願っている。

ゴーシュ編集委員のツイッターアカウントはこちら

(英語記事 Spinal implant helps three paralysed men walk again

関連トピックス

この話題についてさらに読む