ロンドンで暴力事件が多発 「事態解決には10年かかる」=市長

Jay Hughes Image copyright ks.2savvv/ Instagram
Image caption 15歳のジェイ・ヒューズくんは今月1日、ロンドン南東部でナイフで刺されて死亡した

ロンドンのサディク・カーン市長は5日、BBCのラジオ番組「トゥデイ」に出演し、ロンドンで暴力事件が多発している問題を解決するには10年はかかるとの見解を示した。

ロンドンでは10月31日以降、少年3人と成人男性2人がナイフなどで刺されて死亡している。

カーン市長は番組内で、「大きな改善効果が表れるには最大10年かかるだろう」と話した。

一方、ビクトリア・アトキンス内務政務官(ぜい弱性、予防措置、過激派対策担当)は、暴力犯罪対策は「警官の数だけの問題ではない」と話している。

ロンドンでは今年すでに、去年1年間の116件を超える119件の殺人事件が起きた。これには刺殺事件が74件、銃撃による殺人が12件含まれる。

ロンドン警視庁のスチュワート・カンディー警視長は、「市内には何百人もの警官が追加配備されている」としている。

<関連記事>

ジェイ・ヒューズくん(15)は1日、ロンドン南東部ベリンガムで計画的に襲撃され、刺殺された。ヒューズくんは「とても賢く、アートの才能があった」と家族は話している。

翌2日には、地下鉄ノーザン線クラッパム・サウス駅の外で17歳のマルコム・ミデ=マダリオラくんがやはりナイフで刺されて死亡した。

このほか、10月31日には中心部に近いサザークの人の多い公園内でロッキー・ジェラルさん(38)が、11月4日には南東部ブロムリーで22歳の男性がそれぞれ刺殺された。

さらに5日深夜には、南部ランベス地区タルセヒルの住宅地で16歳少年が死亡した。午後22時53分に発砲の通報があり警察が急行すると、意識不明の少年を発見。少年は約1時間後に死亡した。刺されたけがが原因とみられる。

ブロムリーの事件では容疑者の男2人が逮捕されている。

カンディー警視長は、「悲劇的なことに、ロンドンでは10月31日以降に4件の殺人事件があり、いずれも関連性はない」と発表した。

「つまり4人それぞれの家族と友人、知り合いが、無意味な暴力によって痛ましい影響を受けている」

Image copyright Google
Image caption 16歳の少年が刺されたタルセヒルの住宅地

ロンドンでは9月、「ロンドン暴力削減ユニット」が設置された。これはスコットランドのグラスゴーでの取り組みを応用したもので、暴力事件を公衆衛生問題および「コミュニティーを蝕む感染症」として取り扱っている。

ロンドン市議会の発表によると、同市の人口1000人当たりの警官配備数は3.3人と過去20年で最低を記録。2010年からは19%減少した。

カーン市長は、政府が治安対策に追加予算を振り向けるよう、地元指導者たちはもっと効果的なロビー活動を展開する必要があると話した。

また、小学生くらいの年齢の子供たちもナイフを持ち歩いているとして、この問題の解決には「一世代」分の時間がかかるだろうと警告した。

「小学生くらいの子供たちがナイフを持ち歩いていいと思っているだけでなく、ナイフを持つことで何かの一員となった安心感、安全を得られると思っている。かつてスコットランドで起きていたことがロンドンで起きている」

「我々はあらゆる手を尽くしてこの恐怖を食い止めなければならない」

Image caption ロンドン警視庁の管轄内で起きた殺人事件数。2017年の数字にはテロ事件を含んでいない。2018年は11月4日の時点で、過去10年のうち5年の数値より多くなっている

アトキンス内務政務官は、内務省は暴力事件に対して「囲い込み型の対策」で臨んでいると話した。

「暴力事件増加には薬物が大きな役割を果たしている。深刻な組織犯罪が大きな要因であることが分かっている」

「深刻な暴力だけでなく組織犯罪にも注力することで、暴力犯罪サイクルの両端から攻めている」

政府は10月、地元当局とヘルスケア専門家に暴力犯罪阻止活動を行う法的義務を課す新たな計画を明らかにした。

Image caption 2018年1~9月にロンドンで起きた殺人事件を区ごとに記した図。色が濃いほど殺人件数が多い。特に多い地域は北東部とテムズ川以南に集中している

英国家統計局(ONS)が4月に発表した最新統計では、2017年にイングランドとウェールズで起きたナイフや鋭い凶器による犯罪は3万9598件と、前年の32448件から22%増えた。

ナイフ犯罪阻止の慈善団体ベン・キンセラ基金のパトリック・グリーン会長は、ナイフ犯罪阻止策への投資を再開すべきだと訴えている。こうした施策は2011~2014年にナイフ犯罪が減った際に行われていたという。

「残念ながら、これは一朝一夕に改善できるような問題ではない」とグリーン会長は説明する。

「ナイフ犯罪対策は市長の任期、政権の任期よりも長く継続しなければならない。10年、20年越しの戦略が必要だ」

(英語記事 London violence 'to take 10 years to solve' / Boy, 16, 'stabbed to death' in south London

関連トピックス

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません