北朝鮮が「ハイテク戦術兵器」の実験 金委員長が視察=国営メディア

North Korean leader Kim Jong Un (C) inspecting the test ground of the Academy of Defence Science Image copyright AFP
Image caption KCNAが公表した、視察中の金正恩氏と政府高官の写真。兵器は写っていない

北朝鮮の国営メディアは16日、最高指導者の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が新たな「ハイテク」戦術兵器の実験を視察したと伝えた。実験は成功したという。

朝鮮中央通信(KCNA)は兵器について、長期間にわたって開発されていたものだとだけ述べ、詳細は明らかにしなかった。

北朝鮮が兵器実験について公に発表したのは今年初めて。

6月にシンガポールで行われた金委員長とドナルド・トランプ米大統領の首脳会談で、両国は朝鮮半島の非核化で合意したが、詳細な計画は提示されていない。

今回の報道の直前には、北朝鮮全土にミサイル基地網が広がっていることを示す衛星写真を元にした報告書が公表されていた。

韓国は、兵器の種類について分析を進めていると発表した。一方で、北朝鮮はこれまで兵器開発の停止もミサイル基地の閉鎖も、一切約束していないという指摘が相次いでいる。

金委員長の視察について米国務省の報道官は、「米国はトランプ大統領と金委員長の間で交わされた約束が履行されると確信している」と述べた。

<関連記事>

KCNAの報道

KCNAは、「金正恩氏が国防科学院で新たに開発されたハイテク戦術兵器の実験を視察した」と伝えた。

「ハイテク戦術兵器の実験は成功裏に実行された」

Image copyright Getty Images
Image caption KCNAはさらに、金氏が「一流の」兵器に「非常に満足した」と伝えた

KCNAはさらに、金氏が「わが国の難攻不落の防衛を築き、人民の敵と戦う力を強める一流の」兵器に「非常に満足した」と付け加えた。

韓国の統一省によると、金氏による実験施設の視察は、2017年11月に大陸間ミサイル「火星15」の発射実験に姿を現して以降で初めてだという。

統一省は、KCNAが「戦略兵器」という言葉を使わなかったため、今回の視察したのは伝統的な兵器の実験だろうとみている。

北朝鮮は非核化に合意したのでは?

答えは「はい」でもあるし、「いいえ」でもある。6月の米朝首脳会談でトランプ氏とキム氏は朝鮮半島の非核化に向けて動いていくことで一致した。

しかしこの合意には行程表や詳細、プロセス承認の仕組みなどが含まれなかった。両国はまた、「非核化」のゴールがどこにあるかについても全く合意していない。

北朝鮮政府は当初から、一方的に武装解除はしないと言明していた。しかし米国側も、「完全な非核化」がない限り制裁解除はないとはっきり述べていた。

これ以降、話し合いは失速したかのように見え、2回目の米朝首脳会談開催に向けた話し合いの実現も失敗したかのように見える。

金委員長の側近、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長は先週、マイク・ポンペオ米国務長官に会うためにニューヨークへ向かうはずだった。

しかしBBCの取材で、北朝鮮側が予定通り飛行機に乗らなかったことを米国務省が知り、話し合いは中止されたことが分かった。

それでもなお米国側は現在も、金委員長とトランプ大統領の会談が来年早々にも再び開催されるとの主張を変えていない。

(英語記事 North Korea 'tests new high-tech weapon'

この話題についてさらに読む