米最高裁長官がトランプ氏に異例の抗議 難民政策却下めぐり応酬

John Roberts Image copyright JIM WATSON/AFP/Getty Images
Image caption ロバーツ長官がトランプ氏に反論を唱えたのはこれが初めてとなる

米国のジョン・ロバーツ連邦最高裁判所長官は21日、ドナルド・トランプ米大統領の連邦判事をめぐる批判に、異例の抗議を行った。

トランプ氏は20日、自身の難民政策を却下した判事を「オバマの判事」と呼んだ。

このあざけりを受け、ロバーツ長官は厳しく反論する声明を発表した。一方、トランプ大統領も反撃し、ロバーツ長官は間違っていると述べた・

ロバーツ長官がトランプ氏に反論を唱えたのはこれが初めてとなる。

ロバーツ長官はAP通信に対し、「ここにはオバマの判事もトランプの判事も、ブッシュの判事もクリントンの判事もいない」と指摘。

「ここにいるのは、法廷に現れた人たちに平等な権利を遂行するために最善を尽くしている献身的な判事たちのたぐいまれなる一団だ」

米国のサンクスギビング・デー(感謝祭の祝日)の前日ということもあり、ロバーツ氏は「独立した司法こそ、我々が感謝すべきものだ」と語った。

トランプ氏は21日にこれに反論。ツイッターで「ジョン・ロバーツ長官、残念だが『オバマの判事』は実際にいるし、彼らは我々の国の安全を守っている人たちとはかなり違うものの見方をしている。第9巡回(連邦控訴裁判所)が本当に『独立した司法』だったらすばらしかったが、もしそうなら、なぜこんなにたくさんの真逆の(国境と安全についての)案件があるんだ。なぜこうした案件の大半が却下されているんだ。数字を見てくれ、ショッキングだから。保護と安全保障が必要なのに、裁判所の決定はこの国の治安を悪くしている! とても危険で愚かだ!」と述べた。

どれくらい異例の出来事なのか

米国で、司法高官と大統領が衝突するのは極めて異例のことだ。

ロバーツ長官の同僚であるルース・ベイダー・ギンズバーグ最高裁判事も、さらに激しくトランプ氏を批判してきた。

リベラル派のギンズバーグ氏は2016年、当時大統領候補だったトランプ氏について法律専門家としてインタビューに応じた際に同氏を「いかさま師」と呼び、後にこれが批判され謝罪した経緯がある。

トランプ大統領は以前にも、連邦判事らが政策を却下することについて酷評した。2017年には、特定の国からの渡航禁止政策を覆す判決を下した判事を、「馬鹿げた」意見を持つ「いわゆる判事」と呼んだ。

Image copyright JIM LO SCALZO/AFP/Getty Images
Image caption ジョン・ロバーツ長官(右)は、トランプ氏の判事への批判に反発した

トランプ氏の発言とは

第9巡回裁判所のジョン・ティガー地方判事は21日、不法移民の難民申請権を取り上げるとした大統領令を却下した。

これに対しトランプ大統領は、同裁判所を「不名誉」と呼んで批判した。

トランプ氏は、「重大な苦情を申し立てるつもりだ。我々はいつも第9巡回裁判所では勝つことができないし、これは不名誉だと思う」と、ホワイトハウスの外で記者団に話した。

「これはオバマの判事の仕業だ。次はないと思ったほうがいい」

今回の大統領と司法とのぶつかりは、中米から米・メキシコ国境に向かっている移民の集団をめぐってのもの。

トランプ大統領は、11月6日に行われた中間選挙の選挙活動期間中に、移民「キャラバン」についての持論を展開し、移民グループを「侵略」だと呼んだ。

9日には国境から不法に入国した移民は難民資格を申請できないとする布告に署名した。

この布告には「大統領による入国停止や他の難民申請についての制限に違反した外国人の出入りを禁じるため、我々は今日、議会に与えられた権限を行使する」と書かれていた。

米・メキシコ国境の現状は?

トランプ大統領は10月末に国境に米軍を派遣した。

今月21日にはジム・マティス米国防長官が、国境警備員の警護に米軍を当てる権限を得たと発表した。

AP通信によると、国境で混乱や暴動が発生した場合、米軍は移民を一時的に拘束することができるという。

これまでに米国境と接するメキシコのティフアナに約3000人の移民が到着しており、当局は向こう数週間でこれが1万人に膨れ上がるとみている。

米国防総省は20日、議会に対する報告書で、約5900人の兵士の派遣に7200万ドル(約81億3400万円)のコストがかかるほか、4月以降に配備した2100人の国境警備隊についてすでに1億3800万ドルを費やしていると発表した。

米メディアはこれに加え、今年初めにトランプ政権が敷いていた「ゼロ寛容」政策で親と引き離されていた移民の子供の対処に8000万ドルがかかっていると伝えている。

大統領は6月にこの政策を撤回したものの、5月と6月で2000人以上の移民の子供が米・メキシコ国境で大人と引き離された。

今週時点で、140人ほどの子供が政府の管轄下に残っている。

(英語記事 Chief justice rebukes Trump's Obama taunt

この話題についてさらに読む