6歳少女に小学生男子が性的暴行、地元議会が補償金支払う 英

ブランウェン・ジェフリーズ BBC教育編集長

Playground

在学していた小学校内の遊び場で、複数の小学生男子から性的暴行を受けた当時6歳の少女の両親が21日、地元議会から補償金の支払いを受けた。

この議会は性的暴行に対する責任は認めなかったものの、数万ポンドの補償金を支払った。具体的な金額は非公表。BBCの調べでは、小学生児童が関与した性的暴行について英国の高等法院が補償金の支払いを認めたのは今回が初めてで、判例となる可能性がある。

被害少女の母親は、娘が「壊れた小さな女の子」になってしまったと話す。

身元を保護するため「ベラ」と呼ばれている被害少女は、不快感で座れなくなり初めて、繰り返し性的暴行を受けていたことを母親に明かした。

ベラさんの両親によると、その後数カ月の間、加害少年を支援する対策はとられたにもかかわらず、ベラさんに対する支援は何もなかったという。

母親はBBCニュースの単独取材に対し、「娘は、壊れた小さな女の子になってしまった。数週間にわたり、学校で深刻な性的暴行を繰り返し受けた。娘はその間、学校は安全でないと感じていたし、何の助けもなかった」と語った。

ベラさんの両親は、ベラさんが必要としたカウンセリングにお金を払わなければならなかった。

暴行以来、ベラさんは悪夢を見たり、極度の不安状態に陥ったりしたほか、家を離れるのを怖がっているという。

裁判でベラさんの両親は、学校が性的暴行を防げなかった、あるいは警戒すべき兆候を認識するための教職員の教育が不十分だったと主張した。

教職員の1人は、下着の一部が脱がされた状態のベラさんを目撃していた。この時ベラさんの背後には、加害少年グループの1人が立っていたという。

地元議会は責任を全て否定したものの、総額数万ポンドを支払った。この金銭は、ベラさんの現状と未来の支援に使われる。

ベラさんがこれから思春期を迎え、最初の恋人を作るにあたり、さらにカウンセリングが必要になるかもしれないと両親は説明を受けているという。

訴訟を起こしたのは、前例を作るためも一部あるが、何よりも、ベラさんに目に見える救済策をもたらすためだったと、ベラさんの母親は述べた。

「娘がもっと年を重ねた時、重要な意味を持つと思う。安全に過ごせるべきだった場所で、何度も非常に深刻な性的暴行を受けたことについて、いくらか納得する助けになり得る」

「加害少年たちが訴追されず刑罰を受けなかったばかりでなく、ベラさんの安全を守る責任があった人たちが、対応を間違った、申し訳ないと自分たちの非を認める謝罪を書きすらもしなかったとベラさんが気づいた」時、訴訟を起こしたことで、何らかの対応がされたとベラさんが感じてくれたらと、母親は考えている。

学校で他の児童から性的暴行を受けた子供に対する支援が欠けていることについて、訴訟について語ることで関心を高められたらというのが、家族の望みだ。

一貫した記録のない記録

英国では、10歳より年少の子供による暴行の場合、加害者に刑事責任を問うことはできない。また警察もかつては、起きた事案の記録を渋ることが多かった。

イングランドとウェールズには43の捜査当局があるが、学校敷地内で起きた、子供が関与する友人間の暴行件数は、一貫した記録がない。

15の捜査当局がBBCニュースに答えたところでは、昨年に学校内で起きた性的暴行容疑で、加害者と被害者が共に18歳未満だったものは、合計593件に上った。

この中には強姦容疑71件が含まれる。

これらの容疑のうち、203件の暴行は、被害者の年齢が13歳未満だった。

10歳以下の子供による性的暴行容疑について詳細な情報を提供できた捜査当局は13カ所にとどまり、この条件に当てはまる暴行容疑は昨年、54件記録されたという。

法律事務所「レイ・デイ」のアンドリュー・ロード弁護士は、ベラさんの家族以外にも、訴訟を前向きに検討している家族が複数いると話す。

「私の経験でも、訴訟を申し出ている家族が顧客にたくさんいて、その多くは小学校に通う年齢の子供が関係している。すぐに解決できる問題ではなく、問題への認識がさらに高まる必要が強くある」

イングランドの学校におけるレイプを含む性的暴行の規模をBBCニュースが最初に浮かび上がらせて以来、状況は一部変わってきている。

政府はイングランドの学校に通う子供たちの安全を守るためのガイドラインを更新した。

この更新で、友人間の性的虐待に対する具体的な言及が、ガイドラインに初めて盛り込まれた。

また政府は、カウンセリング機関「チャイルドライン」に4年間で800万ポンド(約11億5580万円)の財政支援を指示した。ただこの組織は、子供をめぐる問題全てを対象にしている。

性的暴行の防止だけでなく、問題が起きたときの適切な対応についても、いまだに多くの対策が必要なことをベラさんの事例が示したと、女性への暴力問題に取り組む慈善団体「End Violence Against Women Coalition」のレイチェル・クリス氏は話した。

「女子児童や女子生徒は学校で安全に過ごす権利を持つし、学校に対処方針があり、女子児童や女子生徒が性的暴行を受けた時にそれを認識し、止めるよう迅速に動くための訓練を教職員が受けていると親が期待するのは正当だ」

「他の子供を含め、傷つけてくるどんな相手からも少女の安全を守ることは、優先事項でなくてはならない」

「ベラさんの事例のように、学校が見て見ぬ振りを続けたり、出た被害を極小化したりするのは許されない」

同団体は、学校における性暴力に対処する国家戦略を求めている。

(英語記事 Payout over schoolboys' sex assaults on girl, 6

関連トピックス

この話題についてさらに読む