トランプ氏、ブレグジット合意に懸念 米英貿易を脅かすと

President Trump has said the Brexit deal is great for the EU and has cast doubt on whether the UK will be able to trade with the US. Image copyright President Trump has said the Brexit deal is great

英政府と欧州連合(EU)が正式に合意したブレグジット(英国のEU離脱)協定について、ドナルド・トランプ米大統領は26日、米英貿易協定の障害になる可能性があると発言した。具体的に、英・EU合意のどの部分が問題になるのかには触れなかったが、ブレグジット合意は「EUにとって最高の合意内容のようだ」と述べた。

英首相官邸は、ブレグジット後の英国は独自の通商政策を持つことになり、「世界中の国々と貿易協定を結べる」と離脱合意に「明記」されていると強調した。

テリーザ・メイ英首相は26日、英下院で離脱合意について与野党の議員から批判を繰り返し浴びた。その上で首相は、合意が英国の立法や金融や国境について英国の決定権を回復したもので、「英国民の民意を実現した」と強調。12月11日に下院で議決を求める方針を明らかにした。

この数時間後にトランプ氏はホワイトハウスで記者団を前に、「英国に貿易が許されるのか、真剣に検討しなくてはならない。というのも現時点で合意内容を見ると、(英国は)我々と貿易できないかもしれないので。それは良くない。そのつもりだったとは思わない」と述べた。

トランプ氏の発言は、ブレグジット後の英国が独自の自由貿易協定を米国と交渉することを、今回の離脱合意が妨げるのではないかという指摘だったと受け止められている。

これに対して英首相官邸報道官は、25日の英・EU合意をもとに、米国を含めた諸外国と英国が2国間協定を結ぶことは可能だと述べた。

「(英米の)合同作業部会はすでに5回会合し、野心的な2国間協定の下地作りを進めている」と報道官は説明した。

BBCのジョン・ソープル北米編集長は、米英通商は当面の間は「従来通りに続く」だけに、トランプ氏の発言はことさらに挑発的だと指摘した。

「ドナルド・トランプ氏は自分が何を言っているのか完全に分かっていた。トランプ政権幹部と英国の主要な欧州懐疑派は、さかんに連絡を取り合っている」とソープル編集長は説明している。

<関連記事>

トランプ大統領は今年7月に訪英した際、「野心的な」米英貿易協定は「まったく可能だ」と述べていた。メイ首相はこの数日前に、ブレグジット後のEUとの関係について閣内合意をまとめたばかりだった

米国市場は英国にとって単一の輸出先としては最大で、両国間の貿易高は数十億ポンドに上る。

英国がEUに加盟している現状では、米政府と単独の2国間貿易協定を結ぶことができない。2国間協定の方が英国にとって有利なはずだという意見もある。

EUと正式合意した離脱協定に基づき、英国は来年3月29日から「移行期間」が2020年12月に終わるまでの間、EUの決まりに則り米国との貿易を続ける。

「移行期間」は、ブレグジット後の様々な取り決め開始に企業などが備えるための準備期間で、この間に英国は米国と貿易協定を結ぶことができる。

しかし、「移行期間」中に締結された協定の発効は2021年1月1日以降でなくてはならず、英国・北アイルランドとアイルランドの国境問題をめぐる「バックストップ(防御策)」が実施されれば、さらに発効は延期される可能性がある。アイルランドはEU加盟国で、地続きの北アイルランドとアイルランドの国境の扱いがブレグジットにおいて大きな問題となった。

離脱協定で英・EUが合意した「バックストップ」は、英・EU通商協定が締結されなければ導入される。北アイルランド紛争の時代を連想させる厳格な国境管理を復活させる代わりに、英国全体が関税同盟に留まり、北アイルランドはEU単一市場の規則に従い続ける。

与党・保守党のEU離脱派は、この「バックストップ」によってブレグジット後も英国は長期間、EUの規則に縛り付けられるのではないかと懸念している。

26日の下院本会議でメイ首相は、「バックストップ」は「誰も使いたくない保険」だと認めたものの、実施時期については英国が決定権を持つことになると強調した。

しかし、与野党の議員は次々と首相のブレグジット合意を批判。野党第1党・労働党のジェレミー・コービン党首は、メイ首相がブリュッセルから持ち帰った合意は「大失敗」で、「英国は今よりひどいことになる」と攻撃した。

スコットランド国民党のイアン・ブラックフォード議員は、合意は「もしも、しかし」など仮定の話だらけで、スコットランドの漁業関係者が犠牲にされる可能性があると指摘した。自由民主党のヴィンス・ケーブル党首と緑の党のキャロライン・ルーカス議員は共に、離脱合意について民意を問う2度目の国民投票の実施を求めた。

メイ内閣と閣外協力をしてきた北アイルランドの民主統一党のナイジェル・ドッズ議員は、「バックストップ」が「英国にとって悪いし、経済にとって悪い」と述べた。

与党・保守党からも、EU離脱派のマーク・フランソワ議員を含めて大勢が、EUとの離脱合意は「完全に死に体」で「議会を通過しない」と、首相に再考を求めた。

(英語記事 Brexit: Trump says May's Brexit plan could hurt UK-US trade deal

この話題についてさらに読む