シリア移民の少年をいじめる映像、英北部の16歳訴追へ 妹にも被害 

Boy pinned on floor Image copyright Other
Image caption 警察によると、シリア難民の少年が白人少年に暴行されるビデオは10月25日撮影のもの

英イングランド北部ハダースフィールドの学校でシリア難民の15歳少年が同じ学校の16歳少年に羽交い絞めにされ、地面に押し倒される動画が11月末からソーシャルメディアで広く拡散され、加害少年が暴行容疑で訴追される見通しとなった。さらに、被害を受けた少年の妹も、同じ学校の他の生徒たちに突き飛ばされ地面に倒される映像が明らかになった。

ウェストヨークシャー警察によると、シリア難民の15歳少年は10月25日、アーモンドバリー地域学校の昼休みに校庭で、16歳生徒に引きずりまわされ、羽交い絞めにされて倒された。警察は人種差別による暴行の疑いで捜査しているという。加害者の少年は「近いうちに」地域の少年裁判所に出廷する予定。

映像では、被害少年が左腕にギブスをはめている様子も見える。年長の少年は被害少年を地面に引きずり倒した後、顔に水をかけている。

被害少年の父親はBBCに、息子が「心理的に疲れきっている」と話した。「ビデオの出来事のせいで、息子はボロボロだ。勉強に集中できず、寝ていても『あいつらにボコボコにされる』と言いながら起きてしまう」のだという。

少年はITVニュースに対して、「勉強にも宿題にも身が入らない」とい話した。

学校のトレバー・ボウエン校長は保護者たちに手紙を送り、「自分たちにとって何より大事なのは、生徒たちの安全と福祉です。問題をきわめて深刻に受け止めています」と説明した。

被害少年と家族を支援するためのオンライン募金ページでは、すでに10万ポンド(約1450万円)以上が集まっている。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
校庭で暴行被害に遭ったシリア人少年の妹も校庭で突き飛ばされていた

15歳少年の被害ビデオが拡散した後、28日までに少年の妹が別の生徒たちに暴行されている映像も浮上した。生徒たちは女の子を後ろから小突き、芝生に向けて突き飛ばしている。ビデオには女の子が芝生に倒れこむ様子が映っている。

ウェストヨークシャー警察は、「アーモンドバリー地域学校で少女が暴行されているビデオについて把握している。本件の通報は今までなかったが、少女の家族と連絡を取り合っている。我々はこの家族の支援を続けている」と発表した。

(英語記事 Huddersfield school refugee's sister 'also attacked'

関連トピックス

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません