レジ前の菓子陳列、禁止は「効く」=英調査

young boy reaching for sweets Image copyright Getty Images

イギリスのスーパーではレジの周りに菓子やスナック類が並んでいるのが見慣れた光景だが、これを禁止すれば、消費者の不健康な衝動買いを阻止できると、大規模な調査結果が公表された。

医学サイト「PLOS Medicine」に18日に掲載された調査は、イギリスの3万世帯と大手スーパー9社を対象にしたもので、9社中6社がレジ周辺に菓子類を陳列するのをやめたことによる影響を調べた。

調査対象となったスーパーチェーンは、アルディ、アスダ、生協、リドル、M&S、モリソンズ、セインスベリーズ、テスコ、ウェイトローズの9社。レジの周りに甘い菓子類やポテトチップスなどのスナックを置かなくなった店舗では、不健康だとされる菓子類の売上高が2割近く減った。

スーパーで買った菓子類を帰宅後ではなく、店を出てから移動中に食べると答えた買い物客7500人の間では、レジの周りに菓子類が置かれていないと、買う割合はさらに大きく減った。

英政府は近く、レジ周辺の菓子類陳列禁止をイングランド全域で義務化する方向で検討を始める。

研究を主導した英ケンブリッジ大学のジーン・アダムズ博士は、今回の研究で菓子の陳列と購買行動について因果関係を示すことはできないが、商品の陳列場所が買い物客の消費行動に影響する可能性はあると話す。

「スーパーで商品の並べ方を少し変えるだけで、これだけ大きい変化があり、消費者の食習慣に影響するというのは、非常に心強い」

スナック類がレジ前に置かれていると、衝動的な購買行動につながりやすい。スーパーはこうして「しつこく念押し」することで、脂質や塩分や糖分の多い食べ物が子供の目に入りやすくして、子供が欲しがるようにしていると批判されてきた。

アダムズ博士は、必ずしも親が子供にせがまれて仕方なく買っているとは限らず、「子供が店内でお行儀よくしていたごほうびとして、親が買い与えることもある」と指摘する。

英イングランド公衆衛生サービスの栄養主任アリソン・テッドストン博士は、「商品を買わせよう買わせようとする店側の販売戦略に、すべて抵抗するのはほぼ不可能だ。よほど超人的な意志の力の持ち主ならともかく。ものすごくお買い得に思えても、実際にはまったく不要な食品に必要以上の金を使わせようとしている」と話す。

「販促行動を制限すれば、過剰なカロリー摂取と肥満の減少につながるし、私たちの出費節約にもつながる」

英政府は今後12年間で、イングランドにおける子供の肥満を半減させようとしている。小売店のレジで不健康な食品・飲料の販促を禁止しようという動きも、この肥満半減計画の一環だ。

英保健・社会保障省の報道官は、「この調査結果は、かねてから保護者たちが言い続けてきたことを裏づけるものだ。砂糖や脂肪の多い食品をレジ前で安売りしていると、いらないし欲しくもない商品を買ってしまうと。そのため、こうした販促行動の制限を近く検討し始める」と話している。

(英語記事 Banning sweets at supermarket checkouts 'works'

関連トピックス

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません