英ガトウィック空港のドローン騒ぎで2人逮捕 

Sussex Police are at the airport Image copyright Eddie Mitchell
Image caption 警察はガトウィック空港で監視活動を続けている

英ロンドン・ガトウィック空港がドローン(小型無人機)の侵入のため19日夜から一時閉鎖し、約14万人の利用客に影響が出た事件で、英サセックス警察は22日朝、男女2人を逮捕したと発表した。

サセックス警察によると、21日午後10時ごろ、男性と女性を空港付近で逮捕したという。「ドローンの違法使用」に関する継続捜査の一貫での逮捕だと説明したものの、容疑者や容疑などについてこれ以上の詳細は明らかにしていない。

サセックス警察はその上で、引き続き情報提供を広く呼びかけた。「乗客の安全への脅威が続くことのないよう」あらゆる筋の捜査を継続するほか、空港では今後も様々な方法でドローン侵入を「察知し無効化」するため、警官を配備する方針という。

ガトウィック空港では19日夜以降、複数のドローンが「敷地のフェンスを越え、滑走路に侵入」する事態が相次ぎ、21日午前6時半まで滑走路を閉鎖した。さらに同日午後5時過ぎにも、ドローンが目撃されたため、滑走路は再び一時的に閉鎖された。

このため計約1000便が欠航もしくは目的地変更の事態となり、約14万人の利用客が影響を受けるなど、混乱が続いた。

ガトウィック空港は、22日には全面的に滑走路を再開し、乗客合計12万4484人の計757便が予定どおり運航するよう務めると発表した。しかし同時に、「3日間の混乱を経て、空港業務の正常化に取り組んでいるため、利用客は一部の便で遅延や欠航があるものと思ってほしい」と広報官は話した。

Image copyright EPA
Image caption 多くの乗客が空港内で立ち往生した

(英語記事 Gatwick drones: Two arrested over flight disruption

関連トピックス

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません