インドネシア津波で人気バンド流される 生存メンバーが涙の報告

津波が襲った当時、インドネシアの人気ロックバンド「セヴンティーン」はビーチで演奏していた。(左から)メンバーのアンディさん、リーフィアンさん、バニさん、ヘルマンさん Image copyright Instagram/Seventeenbandid
Image caption 津波が襲った当時、インドネシアの人気ロックバンド「セヴンティーン」はビーチで演奏していた。(左から)メンバーのアンディさん、リーフィアンさん、バニさん、ヘルマンさん

インドネシアで22日発生した津波のため、これまでに少なくとも死者281人、負傷者1016人が確認されているほか、行方不明者も出ている。インドネシアの人気ロックバンド「セヴンティーン」はこの日、ジャワ島西部タンジュンレスンのビーチに建てたテント内でライブ演奏中だった。津波がテントを襲うと、バンドメンバーは流されてしまった。

インドネシアでは現在、大津波の警報が全くなかったことについて、大勢が振り返り、コメントしている。事前に察知する余裕がまったくないまま、大津波に襲われる悲劇を、このバンドが如実に象徴してしまっている。

津波が流れ込んでくる前には、テントのテーブルの周りに聴衆約200人が集まり、バンドの音楽にじっと聞き入っていた。しかし、大波の1つがテントを襲うと、歌声は叫び声へと変わった。現場の映像には、大勢が驚くほどの速度で流されていく様子が映っている。

ベーシスト、ギタリスト、マネージャーのバンドメンバー3人が死亡した。スタッフ1人も津波の犠牲になった。ドラマーは現在も行方不明のままだ。

バンドメンバーで生存が確認されているのは今のところ、リード・ボーカルのリーフィアン・ファジャルシャーさんのみだ。リーフィアンさんは自分のインスタグラムアカウントに、最新状況について感情をこめて投稿している。

ファジャルシャーさんは22日にインスタグラムへ投稿した動画で、「僕たちは(ベーシストの)バニと(マネージャーの)オキ・ウィジャヤを失った」と涙ながらに語った。

「私の妻ディランと(ギタリストの)ヘルマン、(ドラマーの)アンディ、(スタッフの)ウジャンがすぐに発見されるよう、どうか祈ってください」

1日後の23日、リーフィアンさんはインスタグラムに、新たな画像を投稿した。最新状況を伝えるもので、ヘルマンさんとウジャンさんの遺体が見つかったという内容だった。

リーフィアンさんは画像の説明文に「ヘルマンとウジャンよ、安らかに」、「アンディ、早く戻ってくれ。私1人だけが生き残っているんだ(中略)兄弟、お願いだ」と書いた。

リーフィアンさんの妻ディラン・サハラさんもまだ見つかっていない。

インスタグラムへの24日の投稿で、リーフィアンさんはディランさんについて「今日はあなたの誕生日だ。(会えることを)祈りたい」と語った。「早く戻ってくれ、ダーリン」。

ザックさんというスタッフの恐ろしい経験についても、大勢がコメントした。ザックさんは、インスタグラムの動画投稿機能「ストーリーズ」で、自分が水中でもがいていた様子を説明。波に流されたステージにしがみついて生き延びたという。

ジャワ島中部ジョグジャカルタ出身のセヴンティーンはインドネシアロック界で有名なバンドで、人気曲も多い。インドネシアの別の有名バンド、コタックでヴォーカルを担当するタントリさんなど、インドネシア音楽界の有名人からも、津波の犠牲となったバンドメンバーや関係者を追悼する声が上がった。

津波のあった22日夜、セヴンティーンはジャワ島西部タンジュンレスンのビーチで演奏していた。バンドはインドネシア国有電力会社(PLN)に雇われ、同社の忘年会で従業員とその家族約200人を前に演奏中だった。リーフィアンさんによると、津波が来たのはバンドが2曲を演奏したところだったという。

PLNは記者会見で、従業員や家族あわせて29人が死亡し、13人が行方不明になっていると発表した。

セヴンティーンはロイター通信への声明で、「海の間近に作ったステージを水が流し去った」と語った。

22日夜の津波で、スマトラ島とジャワ島の湾岸都市で少なくとも281人が死亡。1016人が負傷した。

Image caption 噴火したアナククラカタウ島は、スマトラ島とジャワ島の間にあるスンダ海峡に位置する

火山島アナククラカタウの噴火により発生した地滑りが、津波を引き起こしたと考えられている。アナククラカタウ島は23日にも噴火しており、新たな津波が起こる恐れも出ている。

(英語記事 Indonesia tsunami: Rock band Seventeen swept away by waves

この話題についてさらに読む