英保守党議員、「ナチス」と呼ばれ取り囲まれ 議員50人以上が警備強化要請

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ブレグジット反対派の英与党議員に「ナチス」「くず」と罵声 議事堂外で

英ロンドンの議会前でBBCなどのインタビューを受けていた保守党議員が集団に「ナチス」と罵倒され、議事堂内への道路でも取り囲まれるなどした問題で、少なくとも55人の超党派の下院議員が、ロンドン警視庁に警備強化を要請した。

保守党のアナ・スーブリー下院議員は7日、議事堂前の緑地「コレッジ・グリーン」でBBCやスカイニュースなどの生中継でインタビューに応じていたところ、後ろに集まっていた集団に「ナチス」と呼ばれた。さらに、議事堂内に戻ろうとしたところを多数の男性に取り囲まれ、「くず」などと罵倒されたほか、「質問に答えろ」などと繰り返し詰問された。

中小企業担当の閣外相などを歴任してきたスーブリー議員は、警察が対応しなかったことを批判し、抗議者たちを公共秩序法違反で起訴するよう呼びかけた。

ロンドン警視庁は、「コレッジ・グリーン」で公共の秩序が乱される事件があったとの第三者からの通報を受け、犯罪行為があったか調べていると話した。

議事堂前の「コレッジ・グリーン」は、BBCなど各局が政治家インタビューに使う生中継の定番スポット。そのため画面に映りこむことを期待して、様々な団体や個人がプラカードなどを手にここに集まる。

スーブリー議員が公道で取り囲まれ罵倒された事態を重く見た超党派の議員たちは、野党・労働党のスティーヴン・ダウティ下院議員を中心に、連名の書簡をロンドン警視庁へ送った。少なくとも55人が書簡に署名した。イギリスの欧州連合離脱(ブレグジット)に賛成する議員も反対する議員も、含まれている。

議員たちは、「コレッジ・グリーンを含む議事堂外の敷地内外において、公共の秩序と警備状況が劣化しつつあることを、深刻に懸念している」と、ロンドン警視庁のクレシダ・ディック警視総監に書き送った。スーブリー議員の件が初めてではなく、これまでも「繰り返し」警備担当の警官や警察幹部に指摘してきたという。

Image copyright PA
Image caption ロンドン警視庁のクレシダ・ディック警視総監

議員たちは書簡で、「ブレグジットについて幅広い政治的意見を代表する複数の集団が、何カ月もの間、平和的に穏やかに抗議集会を開いてきたが、ここへきて(ロンドン警視庁の警官たちもよく知ってのとおり)強硬な右翼や極右傾向を持つ不穏な人物たちがしきりに、議員やジャーナリスト、活動家や一般市民を標的に威圧的行動、場合によっては犯罪的行動に及ぶようになっている」と指摘した。

「捜査中の事件があることも理解するが、警察や(議会のある)ウェストミンスター区の担当当局からの反応を見ると、いまだに調整が行われていないように見受けられる」と議員たちは書き、「日常業務に当たっている議員やジャーナリスト、活動家や一般市民が、暴言や威圧、脅迫、さらに深刻な犯罪に発展しかねない問題行動にさらされるなど、一切容認できない」と強調した。

スーブリー議員はブレグジットに反対する欧州連合(EU)残留派で、政府がEUと交わした離脱協定について国民の是非を問う2度目の国民投票の実施を支持している。BBCの生中継でインタビューを受けた際に背後から「ナチス」と呼ばれ、「ナチス呼ばわりには抗議する」、「私たちの国はこうなってしまったんです」と生中継中に抗議者たちを批判した。

労働党のメアリー・クレイ議員は、スーブリー氏に対する「本当におぞましい、女性を標的にした乱暴行為」は偶発的なものではないと指摘し、2016年6月のブレグジット国民投票直前に極右男性に殺害されたジョー・コックス議員の事件を想起させると述べた。

ジョン・バーコウ下院議長も、女性議員や記者を標的にした抗議行動の多発を「懸念している」と発言。ウェストミンスター宮殿(議事堂)の周辺で数週間前から、「フランスで見受けられたような黄色いチョッキを着た様々な集団が、議員たちに暴力的で威圧的な行動」をとっているのは承知していると述べた。特に女性が集中的に狙われていると指摘されるだけに、事態を注視しているという。

「平和的抗議と、暴力的で威圧的で脅迫的な抗議は別物だ。特にこの点は広く公然と指摘する必要がある」と、バーコウ議長は強調した。

ダウニング街の首相官邸も、スーブリー議員への威圧は「受け入れがたく」、議員は「いかなる脅しも受けることなく職務を遂行できなくてはならない」と述べた。首相報道官は、公共の秩序を乱したり、他人を威圧・脅迫したりする行動は、法律で取り締まることができると指摘した。

BBCなど複数の放送局は、15日に予定されるブレグジット協定に対する議会採決を前に、「コレッジ・グリーン」に仮設スタジオを設けている。周辺での抗議があまりに頻繁で激しいことから、複数の議員が仮設スタジオでのインタビューに不安感を示していると、BBCのノーマン・スミス政治担当副編集長は話している。

(英語記事 Anna Soubry: 50 MPs write to Met Police chief over 'Nazi' abuse

この話題についてさらに読む