SNSで助け求めたサウジ少女、難民認定先のカナダに到着

Rahaf Mohammed Al-Qunun at Toronto airport, 12 January 2019 Image copyright AFP
Image caption 難民としてカナダに到着したラハフ・ムハンマド・アルクヌンさん(12日、トロント・ピアソン空港)

家族に殺されると訴え、タイ・バンコク空港に留まっていたサウジアラビア人女性のラハフ・ムハンマド・アルクヌンさん(18)が12日、難民認定を受けたカナダに到着した。

ラハフさんは当初、バンコク経由でオーストラリアへ渡ろうとしていたが、家族の待つクウェートに帰国するよう言われていた。

帰国を拒否したラハフさんは、バンコク空港内のホテルに立てこもり、状況をソーシャルメディアで発信。これが国際的な注目を集めた。

また、ラハフさんはイスラム教を捨てたと話しており、これはサウジアラビアでは死刑で罰せられる罪に当たる。

CBCのスーザン・オーミストン特派員は「カナダが難民認定したサウジのティーンエイジャー、ラハフ・モハンマドさんがトロントに到着。(カナダの)フリーランド外相も同伴している。ラハフさんはコメントしなかった」と、到着の様子をツイートした。

<関連記事>

カナダのクリスティア・フリーランド外相はラハフさんを「とても勇敢な新しいカナダ人」と紹介したが、大変な思いを重ね、長旅で疲れているため、この日は記者会見しないと話した。

「彼女は大変な苦労を乗り越えた勇敢な若い女性で、(中略)これから新しい家に向かいます」

またジャスティン・トルドー首相は記者団に対し、カナダは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の要請を受けて難民として認定したと説明した。

「カナダは、常に世界中の人権と女性の権利のために立ち上がることを明白にしてきた」とトルドー首相は語った。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
「家族に殺される」 ツイッターが救ったサウジの少女

ラハフさんは12日、韓国・ソウルから大韓航空便でカナダ・トロントのピアソン国際空港に到着した。

ソウルを出発前、ラハフさんは飛行機の座席で撮った写真をツイッターに投稿し、「3つ目の国。ついにやった!」とコメントした。

「勉強も就職もできない」

ラハフさんはBBCの取材に対し、家族に殺されるのが怖いと話した。

Image copyright AFP
Image caption バンコクの空港ホテルから窮状をツイートしていたラハフさん

「自分の国では勉強も就職もできない。だから自由になってやりたいように勉強と仕事がしたい」

またAFP通信の取材では、髪を切ったことで6カ月間自室に閉じ込められたなど、家族から心身に虐待を受けてきたと語った。

ラハフさんの家族の代理人はBBCに、家族はコメントするつもりはなく、ただラハフさんの安全を気にしていると述べた。

UNHCRは、ラハフさんを合法的な難民だと認識しており、カナダが難民認定を下したことを歓迎するとしている。

フィリッポ・グランディ難民高等弁務官は、「国際難民法と、何よりも重要な人道の勝利だ」と話した。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
男性保護者が進学も就職も結婚も決める サウジの女性たち

カナダは以前にも、サウジアラビアに女性の権利活動家を解放するよう求め、同国を怒らせたことがある。サウジアラビアは報復として駐サウジ・カナダ大使を強制送還し、新規貿易案件を全面凍結した。

ラハフさんはなぜバンコクに?

ラハフさんは家族と共にクウェートへ向かう予定だったが、バンコク行きの便へ逃げ込み、オーストラリアの査証(ビザ)があるから乗り継ぎたいと語った。

しかし、バンコクで飛行機を降りたところでサウジの外交官にパスポートを没収され、立ち往生してしまったという。

バンコクのサウジ領事館は、ラハフさんの拘束に関わったことを否定している。ラハフさんのパスポートはその後、本人に返却された。

タイ当局は当初、ラハフさんの件を「家族の問題」と説明しており、ラハフさんは翌日にもクウェートへ強制送還されるとしていた。

そうした中、ラハフさんはホテルの部屋から助けを求めるツイートを何件も送信。これが人権擁護団体ヒューマン・ライツ・ウォッチやジャーナリストの目にとまった。

その後、タイはラハフさんの滞在を認め、国連が彼女の難民申請を検討した。

(英語記事 Saudi teen refugee arrives in Canada

この話題についてさらに読む