「ローマ」と「女王陛下のお気に入り」が10部門で候補に 米アカデミー賞

Rachel Weisz and Olivia Colman in The Favourite Image copyright 20th Century Fox
Image caption レイチェル・ワイズ(左)とオリヴィア・コールマン(右)が出演する「女王陛下のお気に入り」は10部門で候補となった

米映画芸術科学アカデミーは22日、2月24日に授賞式が開かれる第91回アカデミー賞の候補を発表した。18世紀イングランドの王室を描いたヨルゴス・ランティモス監督の「女王陛下のお気に入り」と、米ネットフリックス製作でアルフォンソ・キュアロン監督が手掛けた「ROMA/ローマ」が、それぞれ10部門にノミネートされた。このほか、米歌手レディー・ガガさんが主演した「アリー/ スター誕生」、ジョージ・W・ブッシュ政権のディック・チェイニー副大統領の半生を描いた「バイス」が8部門、米マーベルの「ブラックパンサー」が7部門でそれぞれノミネートされた。

ネットフリックスは「ROMA/ローマ」で初の作品賞候補入りを果たした。「ブラックパンサー」も、スーパーヒーローを描いた作品としては初めて作品賞にノミネートされた。

イギリスからは、「女王陛下のお気に入り」のオリヴィア・コールマンさんと「バイス」のクリスチャン・ベールさんがそれぞれ主演女優賞と主演男優賞の候補となったほか、「女王陛下のお気に入り」出演のレイチェル・ワイズさんも助演女優賞にノミネートされている。

Image copyright Marvel Studios
Image caption 「ブラックパンサー」は作品賞のほか、歌曲賞、衣装デザイン賞などにもノミネートされた

作品別の候補数

  • 10部門:「女王陛下のお気に入り」、「ROMA/ローマ」
  • 8部門:「アリー/ スター誕生」、「バイス」
  • 7部門:「ブラックパンサー」
  • 6部門:「ブラック・クランズマン」
  • 5部門:「ボヘミアン・ラプソディ」、「グリーンブック」
  • 4部門:「ファースト・マン」「メリー・ポピンズ リターンズ」
Image copyright Alfonso Cuarón
Image caption ヤリツァ・アパリシオさんはデビュー作「ROMA/ローマ」で主演女優賞にノミネートされた

イングランド女王を演じたコールマンさんがノミネートされた主演女優賞では、先に発表されたゴールデン・グローブ賞で主演女優賞を受賞した「天才作家の妻 40年目の真実」のグレン・クローズさんも候補になり、激戦が予想される。

メキシコの家族を描いた「ROMA/ローマ」からは、家族を支えるメイドを演じたヤリツァ・アパリシオさんがノミネートされた。アパリシオさんは、今作がデビュー作品。

このほか、「アリー/スター誕生」のレディー・ガガさん、「Can You Ever Forgive Me?」のメリッサ・マカーシーさんがノミネートされている。

Image copyright Alex Bailey/20th Century Fox
Image caption 「ボヘミアン・ラプソディ」でクイーンのリードボーカル、フレディー・マーキュリーさんを演じたラミ・マレックさん(右)

レディー・ガガさんと共演したブラッドリー・クーパーさんは主演男優賞で候補となった。

クーパーさんと同賞を争うのは、実在の人物を演じたラミ・マレックさんとベールさん。

マレックさんはイギリスのロックバンド「クイーン」の軌跡を描いた「ボヘミアン・ラプソディ」でリードボーカルのフレディー・マーキュリーさんを演じた。一方、ベールさんは「バイス」で、チェイニー元副大統領を演じている。

主演男優賞にはこのほか、「グリーンブック」からはヴィゴ・モーテンセンさんが、「永遠の門 ゴッホの見た未来」からはウィレム・デフォーさんがノミネートされた。

<関連記事>

同じく激戦が予想される助演女優賞では、「女王陛下のお気に入り」からワイズさんとエマ・ストーンさんがノミネート。「ROMA/ローマ」からもマリナ・デ・タヴィラさんが候補となった。

Image copyright David Lee/Universal
Image caption スパイク・リー・監督(右)は「ブラック・クランズマン」で監督賞にノミネートされた

監督賞には、35年のキャリアを持つスパイク・リー監督が「ブラック・クランズマン」で初ノミネートされた。

同賞の最有力とされているのは「ROMA/ローマ」のキュアロン監督。もし受賞すれば、過去6年で監督賞を受賞する5人目のメキシコ人監督となる。

今回のアカデミー賞では、女性監督はノミネートされなかった。アカデミー賞90年の歴史の中で、監督賞の候補になった女性監督は5人しかいない。

Image copyright Entertainment One
Image caption 「バイス」でディック・チェイニー副大統領を演じたクリスチャン・ベールさん(左)。妻のリンさんはエイミー・アダムズさん(右)が演じた

<分析> 「#OscarsStillSoWhite?(オスカーまだ白人優遇?)」 ――BBCリアリティーチェックチーム

今年のアカデミー賞は、過去10年間でも最も人種の多様性があるものになりそうだ。

Image caption 4つの俳優部門の候補者の人種的マイノリティー数

4つの俳優部門にノミネートされた全20人のうち、5人の候補が人種マイノリティーの出身で、2017年の7人に次いで多かった。

監督部門でも、5人中2人(スパイク・リー監督とアルフォンソ・キュアロン監督)が人種的マイノリティーの出身だった。これは2014年以降で初めてのことだ。

しかし、監督部門では依然として男女のバランスが取れていない。今回ノミネートされた5人全員が男性だった。

過去10年で監督賞にノミネートされた女性は2人しかいない。1人は昨年「レディ・バード」で候補となったグレタ・ガーウィグ監督。もう1人は2010年に「ハート・ロッカー」で同賞を受賞したキャスリン・ビグロー監督だ。

(英語記事 The Favourite and Roma lead Oscars race

この話題についてさらに読む