食品のアレルゲン記載厳格化へ、サンドイッチで少女死亡受け イギリス

Natasha Ednan-Laperouse Image copyright Family handout/PA Wire
Image caption ナターシャ・エドナン=レイプローズさんは英ヒースロー空港で買ったサンドイッチを食べた後、搭乗した機内で不調を訴え、数時間後に仏ニースの病院で死亡した

イギリスで、食品のアレルゲン表示を厳格化する法案が提出された。2016年、当時15歳の少女がサンドイッチチェーン「プレタマンジェ(Pret a Manger)」のサンドイッチでゴマアレルギーによる重篤なアレルギー反応を起こして死亡した事件を受けたもので、サンドイッチやサラダなど包装された食品に対し、すべての原材料を表示するよう求めている。

ナターシャ・エドナン=レイプローズさんは2016年7月16日、英ヒースロー空港で買ったサンドイッチを食べた後、搭乗した機内で不調を訴え、数時間後に仏ニースの病院で死亡した。

イギリスの現行法では、店舗で製造・包装・販売されている食品について原材料表示が義務付けられていない。

昨年9月に始まった死因審問では、ナターシャさんはアレルゲン情報が記載されていないパッケージに「安心」して、サンドイッチを購入したという。

ナターシャさんの父親ナディムさんはこの審問で、事件が「有意義な変化を生み出し、人命を救う転機となってほしい」と話した。

食品安全への信頼

店舗で製造・包装・販売される食品のラベル表示については、現在4案が提示されている

  • すべての原材料を記載
  • アレルゲンのみ記載
  • 消費者に必要な情報は「スタッフにお尋ねください」という記載
  • アレルゲン情報についての消費者とのコミュニケーションを促進する

マイケル・ゴーヴ環境・食糧・農村地域相は、提出された法案を「ナターシャ法」と呼び、ナターシャさんの両親がこの法案のために行った「勇気ある行動」に敬意を表した。

Image caption ウェスト・ロンドン検視官裁判所での死因審問に臨むナターシャさんの兄弟と両親

ゴーヴ氏は、「ラベル表記が分かりやすくなり、企業に一貫したルールが適用されれば、イギリスでアレルギーに苦しむ人が食品の安全性に信頼を置くことができるようになる」と話した。

「すでに多くの企業が個別に(アレルゲンへの対応に)変更を加えており、当面の間はそれぞれが引き続き、消費者が求める情報を提供する努力を続けるべきだ」

耐え難い悲しみ」

ナターシャさんの両親は声明で、食品メーカーや小売業者は長い間、アレルギーを持つ人々の命で「ロシアンルーレット」に興じすぎたと述べた。

「多くの人にとって有毒となるアレルゲンを売るなら、顧客に情報を伝える公的、倫理的、法的な義務がある」

「私たちが常に耐えている耐え難い悲しみを他の家族が経験せずに済むのであれば、無理な要求ではない」

アレルギー患者の慈善団体アレルギーUKのカーラ・ジョーンズ会長は、イギリス国内には約200万人のアレルギー患者がいる中、食品業界は「最低限の措置以上のこと」をしなければならないと指摘した。

(英語記事 New food label law to stop allergy deaths

関連トピックス

この話題についてさらに読む