半裸の日本の男たち、「幸せを呼ぶ宝木」奪い合う 岡山・西大寺

Saidaiji-eyo festival Image copyright Getty Images

室町時代から岡山市東区の西大寺観音院で続く「西大寺会陽(えよう)」、いわゆる「はだか祭り」が16日夜に行われ、約1万人もの半裸の男性たちが、幸せを呼ぶとされる2本の「宝木(しんぎ)」を奪い合った。

室町時代にさかのぼる毎年恒例のこの祭事は、510回目を迎えた。

参加者たちは、西大寺裏の吉井川のほとりに設けられた垢離取場(こりとりば)で、ふんどし姿で冷水に入り身を清めた後、本堂の大床に集まった。

Image copyright Getty Images
Image caption 毎年恒例のこの祭りは510回目を迎えた
Image copyright Getty Images
Image caption 宝木を奪い合う前にまずは冷水で身を清める

午後10時に本番を迎え、本堂の全ての照明がいったん消された。

本堂の高さ4メートルにある「御福(ごふく)窓」から長さ20センチの宝木が2本投げ込まれると、男たちは2時間近くにわたり押し合いへし合いしながら奪い合った。宝木を手に境内から出られた2人が、その年の福男になると言われる。

Image copyright Getty Images
Image copyright Getty Images
Image caption 2本の宝木をつかんだ者がその年一番の「福男」になるとされる
Image copyright Getty Images
Image copyright Getty Images

日本の伝統的な奇祭のひとつとして知られる西大寺会陽は、五穀豊穣などを祝う祭りで、旧暦の正月のころに行われる。参加者のほかに数万人が見物に集まる。

すべての写真の著作権は著作権者に帰属します。

(英語記事 Near-naked Japanese men scramble for 'lucky sticks'

関連トピックス

この話題についてさらに読む