英労働党の議員7人が離党 コービン党首に抗議

Independent Group launch Image copyright PA
Image caption 労働党を離党し、独立グループを発足させると発表した議員たち(18日、ロンドン)

イギリスの最大野党・労働党から18日、欧州連合(EU)離脱や反ユダヤ主義などについて党指導部の姿勢を批判する下院議員が7人、離党を表明した。

離党を表明したチュカ・ウムナ、ルシアナ・バージャー、クリス・レズリー、アンジェラ・スミス、マイク・ゲイプス、ギャヴィン・シューカー、アン・コフィー各下院議員は、新党を結成するのではなく、独立グループとして議員活動を続ける方針という。ロンドン中心部で独立グループの発足を発表した。

ウムナ議員は、新党結成ではないものの、「第一歩を踏み出した」と述べ、労働党だけでなく他党の議員にも、「新しい政治づくり」に一緒に取り組もうと呼びかけた。

「政治はもう壊れている。こんな状態でなくてもいいはずだ。政治を変えよう」とウムナ議員は強調した。野党・自由民主党に合流するつもりはなく、保守党と労働党の二大政党以外の「別の選択肢を新しく作る」ことが独立グループの目的だと説明した。

バージャー議員は、労働党が「反ユダヤ主義」な組織になってしまったと批判し、党に残ることは「恥ずかしい」ためもはや不可能だと述べた。

レズリー議員は、労働党が極左に「ハイジャックされてしまった」と批判し、自分たち7人の「役割や責任分担」を決める正式な初会合を「数日内」に開くと述べた。

ゲイプス議員は、「今では多くの人が労働党を、人種差別的で反ユダヤ主義の政党だと思っていることに吐き気がする」と強い調子で非難。さらに、「コービン労働党の指導部の主立った顔ぶれは、ブレグジットを止めたくない。それはますますはっきりしてきた」と述べた。

独立グループは結成理念を掲載したウエブサイトと、ツイッターアカウントを立ち上げたが、ウエブサイトは間もなくアクセスできなくなった。

独立グループは、1981年に労働党を離れた議員たちが立ち上げた社会民主党(SDP)と比較されることを拒否し、時代背景が異なるほか、自分たちは補選を争うつもりはないと述べた。SDPは後に、自由民主党に合流した。

議員7人の離党発表を受けて、コービン党首は声明で「前回選挙では労働党の政策が数百万人を奮い立たせ、我々は1945年以来最大の上げ幅で得票数を増やした。その党のために、この議員たちがもはや一緒に働くことができないというのは残念だ。労働党は、少数ではなく多数のための政策を掲げて大勢の支持を得た。富と権力を再配分し、重要な社会資本を公共のものにし、全地域と国全体に投資し、気候変動に取り組んできた。保守党政府はブレグジットで大失敗しているが、労働党は国をまとめる実現可能な計画を掲げている」と反論した。

さらに、「ユニバーサル・クレジット(包括的社会保障制度)に何百万人もの人がみじめな思いをしている今、犯罪とホームレス状態と貧困が悪化している今、今こそ全員のためのより良い未来を築くために、大勢が団結すべき時だ」と強調した。

一方で、労組ユニゾンのデイヴ・プレンティス代表は、労働党議員の離党は「ひどい知らせだ」と述べ、「労働者には労働党政府が必要だが、分裂した党は選挙で勝てない。労働党はいま何よりも、なぜ離党した議員たちがもうこれ以上、党にいられないと思ったのか、そこをじっくり点検しなくてはならない」と呼びかけた。

野党・自由民主党の党首、サー・ヴィンス・ケーブルは、「一部の労働党議員がコービン労働党を離れようと思ったのは、意外ではないし、残念でもない。コービン氏はブレグジットについて党の方針に従わなかったのだし」と話した。

「自由民主党はブレグジットについて、EU残留の可能性を含め、国民に最終的な決定権を与えるため、考えが同じグループや個人と協力しあう用意がある」とケーブル党首は、独立グループとの協力を受け入れる姿勢を示した。

(英語記事 Seven MPs leave Labour Party in protest at Jeremy Corbyn's leadership

関連トピックス

この話題についてさらに読む