そばかすは美しい? ザラの広告が中国で論争に

ケリー・アレン、BBCモニタリング

Zara's latest campaign featuring Jing Wen Image copyright Zara/Sina Weibo
Image caption 中国人モデルのジン・ウェンさんを起用したザラの広告には、そばかすによって「中国人を醜く見せている」という批判が集まった

中国で、そばかすをめぐる大論争が巻き起こっている。

発端は、ジン・ウェンの名前で知られる中国人モデルの李静ウェン(ウェンは雨の下に文)さんがスペインのアパレル大手ザラの新しい化粧品ラインの広告に、そばかすを隠さない状態で登場したことだ。

中国国営の英字紙「環球時報(グローバルタイムズ)」は、このそばかすがジン・ウェンさんを「印象的に」見せていると解説した。しかし中国ではそばかすがある人は非常に少ないため、ソーシャルメディア上では議論となった。

中には、このジン・ウェンさんの広告で中国人が「醜く」見られてしまうという声もある。一方、彼女の擁護に回り、中国の人々が自然な美しさを認められるよう対策が必要だという人もいる。

「昔はそばかすが大嫌いだった」

広州出身のジン・ウェンさんは、ここ5年ほどでモデル業界の有名人となった。

米カルバン・クラインやスウェーデンのH&Mなど、高級ブランドから有名アパレルブランドでモデルを務めている。

Image copyright Getty Images
Image caption ジン・ウェンさん。中国ではそばかすがある人は非常に少ない

ジン・ウェンさん自身はザラの広告に関する論争にコメントを出していない。しかし2016年10月のファッション誌ヴォーグのインタビューで、子ども時代はそばかすが自信のなさにつながっていたと話している。

「小さいころはそばかすが大嫌いだった。アジアの人は普通、そばかすがないから」

「高校生の時はいつも隠そうとしていた。でも今は平気。そばかすが好きだし、それで十分」

中国や東アジアの多くの国では何十年もの間、しみのない透き通った肌が美しさの基準とされている。

その結果、ザラの広告でのジン・ウェンさんの姿は中国で物議を醸すものとなった。中国のSNS「微博(ウェイボー)」では大きな反感の声が挙がっている。

ザラが15日にこの広告を発表して以来、多くの中国人が、なぜそばかすのあるモデルを起用したのか分からないと話している。

中には、ジン・ウェンさんの容姿は自分達から見ると「醜い」ものだという人もいる。

さらに、ザラが中国人を「侮辱」し「中傷」しているという意見もあった。あるSNSユーザーは、「こうした写真で、そばかすがあって、無表情でパイのように平たく丸顔のアジア人モデルを使うのは、西洋人のアジア人女性への印象を歪める。アジア人女性への人種差別につながるかもしれない」と語った。

「美しさの多様性を」

ザラは中国の動画ニュースサイト「梨視頻」の取材に対し、この広告は中国だけでなくグローバル市場をターゲットとしていると説明した。

「スペイン人の美的感覚は違う。ザラのモデルはみな自然体で撮影され、写真はそのまま修正されない」

また、ジン・ウェンさんを「醜く見せた」という意見は一蹴し、「彼女はいつもこういう見た目だし、顔に修正はかけていない。自然体で撮影された」と述べた。

Image copyright Getty Images
Image caption 2017年のニューヨーク・ファッション・ウィークの際のジン・ウェンさん

ザラのこの返答は微博内で広まり、「#ZaraRespondsToUglifyingChineseModelComments(中国人モデルを醜くしたというコメントに対するザラの回答)」というハッシュタグで拡散された。

多くのユーザーはジン・ウェンさんの写真を修正しなかったザラの決断を称賛し、どうやらジン・ウェンさんは中国の人たちにいじめられたのだと怒りをあらわにした。

「この中国人モデルは、同胞による差別を受けていたんだ」というコメントには、何十万もの「いいね」が付いた。

「中国人はどれだけ劣等感を抱えているんだろう?」と別のユーザーは書いている。

微博ユーザーの多くはジン・ウェンさんの「自然な美しさ」を褒め、中国はもっと美しさについて違った視点を見せるべきだという意見も出てきた。

「あまりに多くの人が、美しさの基準についてあまりにも狭い考えを持っている」、「もっと美しさにも多様性があるべきだ」という意見が飛び交った。

「愛国心」を見せる

SNSユーザーの中には、中国政府に批判の矛先を向ける人もいた。政府は「愛国心」の名の下に外国ブランドを攻撃し続けているという。

中国国営の英字紙「中国日報」は、ザラの新しい広告を批判している人は「文化的な自信がない」ため、中国のイメージが傷つくのを止めようとしていると書いた。

ザラの広告の受け止められ方が、昨年11月に巻き起こったイタリアの高級ブランド、ドルチェ&ガッバーナ(D&G)のキャンペーンに対する批判と似ていると指摘する声もある。

D&Gは、中国人モデルがピザを箸で食べる動画を公開し、文化への配慮が足りないと非難された。

Image copyright Dolce & Gabbana/Instagram
Image caption D&Gの広告に起用された中国人モデルの左也さんは、この出来事で「キャリアが台無しになった」と語った。

またD&Gの出来事以来、中国社会を侮辱しているとして企業や個人を糾弾する風潮が広まっているという。

あるユーザーは、「D&Gの広告が侮辱的だと非難される前は、あの動画を2回も観ようなどとは思わなかった」と語った。この出来事以来、中国社会には「一般的な劣等感」が広まっているという。

D&Gの出来事が「外交レベル」にまで達したことで、さまざまな企業や個人が「中国を侮辱している」という汚名を着せられていると指摘するユーザーもいる。

彼らは、ザラにこの汚名を着せようとする試みは「やりすぎ」だと指摘する。

「本当は愛国心がないのに、この(ザラへの)包囲網に参加することで『中国を愛している』ことを見せつけたいだけの人がいるような気がする」

(英語記事 Freckles accused of insulting China

この話題についてさらに読む