カール・ラガーフェルド氏死去 「シャネル」など手がけた世界的デザイナー

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ラガーフェルド氏について5つの豆知識 愛猫も大スター

ファッション界の代表的なデザイナーの1人、カール・ラガーフェルド氏が19日午前、パリで亡くなった。仏報道によると、直前まで働いていたものの、前夜に入院した。先月開かれた「シャネル」の春夏コレクション・ショーなど、複数のイベントに欠席したため、体調への不安が取りざたされていた。

ドイツ出身のラガーフェルド氏は、「シャネル」や「フェンディ」、自分の名前を冠した「カール・ラガーフェルド」など数々の高級ブランドのデザインを手がけた。「シャネル」のデザイナーとして最も有名だが、他の著名デザイナーに先駆けて2004年の時点でファストファッションの「H&M」と提携し、より多くの人に自分のデザインを提供した。

デザインの業績以外では、時に挑発的もしくは侮辱的な発言で物議を醸した。

公式ウエブサイトは1938年生まれと書いているが、実際には1933年生まれだったとされている。

10代でパリに移住し、ピエール・バルマン氏の助手となった後、1960年代に「フェンディ」や「クロエ」のデザインを手がけた。

Image copyright Getty Images
Image caption 2018年10月のパリ・ファッション・ウイークに登場したラガーフェルド氏。シャネルのショーでは、海辺を再現したキャットウォークが評判になった

1983年には、創業者ココ・シャネル氏の死後10年で低迷していた高級ブランド「シャネル」のデザイナーとなり、プレタポルテに注力するなどイメージ刷新に成功した。

シャネルのアラン・ヴェルタイマー最高経営責任者(CEO)は、「天才的な創造性と心の広さ、卓越した直観力によって、カール・ラガーフェルドは時代の先を行く人だった。世界各地でのシャネルの成功に、大きく貢献した」と称賛した。

後任には、ラガーフェルド氏を長年支えてきたヴィルジニー・ヴィアール氏が就任する予定という。

「カール・ラガーフェルド」ブランドのピエール・パオロ・リギCEOは、「創造的な天才」とラガーフェルド氏を呼び、「今の時代最高のデザイナーの1人として、傑出した成果を残した」と称えた。

Image copyright Getty Images
Image caption 1979年のラガーフェルド氏

ファッション誌米版ヴォーグのアナ・ウィンター前編集長は「世界は今日、巨人を失った」と追悼し、「カールは素晴らしい才能の持ち主で、いたずらで、面白く、途方もなく寛大で、実に優しい人だった。本当に寂しくなる」とコメントした。

デザイナーのドナテッラ・ヴェルサーチ氏は、ラガーフェルド氏の天才は「実に大勢に影響を与え」、自分や兄の故ジャンニ・ヴェルサーチ氏にとってもインスピレーションの源だったと称えた。

モデルのクラウディア・シファー氏は、「ファッションにとっての彼は、アートにとってのウォーホールと同じ存在だった。替えは効かない。白と黒をカラフルに見せられる人は彼しかいない」と追悼した。

愛猫もスターに

Image copyright AFP
Image caption ラガーフェルド氏の愛猫「シュペット」はソーシャルメディアのスターになった

後年には白髪のポニーテールと濃いサングラス、黒い服に革手袋という特徴的な姿で世界的に知られるようになった。「今の私はまるで自分のカリカチュアで、自分で気に入っている」とコメントしたこともある。

80歳を越す高齢ながら、ポピュラーカルチャーでも人気を集め、2015年にはアメリカのタレント、キム・カーダシアン氏のスマートフォン・ゲームにキャラクターとして登場した。

溺愛した愛猫の「シュペット」はソーシャルメディアの大スターになった。ラガーフェルド氏の死去を受けてシュペットが今後どうなるのかを、ツイッターでは大勢が気にかけている。

発言に批判も

ラガーフェルド氏は歯に衣着せぬ物言いでも知られた。たとえば、体に楽なスウェットパンツを「敗北のしるし」と呼んで一蹴した。

一方で、2017年秋にはドイツの移民受け入れ政策を批判し、厳しく非難された。英紙ガーディアンによると、ラガーフェルド氏は当時、アンゲラ・メルケル独首相の移民受け入れ政策について、「たとえ間に何十年たっていたとしても、ユダヤ人の最大の敵を何百万人も引き受けられるよう、何百万人ものユダヤ人を殺すなどあり得ない」とフランスのテレビ番組で発言した。

「知り合いのドイツ人は、若いシリア人を引き取った4日後には、『ドイツの一番の発明品はホロコーストだった』と言っていた」とも述べ、ドイツはただでさえ数百万人の移民を受け入れているのに、メルケル氏は自分のイメージ改善のためにさらに100万人を受け入れようとしていると批判した。

昨年4月には、性的暴行被害を訴える女性たちが連帯を表明する世界的な「#MeToo」運動に関連し、著名スタイリストの問題行動を告発したモデルたちを批判し、広く非難された。

(英語記事 Karl Lagerfeld, iconic Chanel fashion designer, dies

この話題についてさらに読む