パキスタン軍、「インド空軍機2機を撃墜」と カシミール緊迫

India air force jet file photo Image copyright EPA
Image caption インド空軍機(資料写真)

パキスタン軍は27日、カシミール地方の自国領空内でインド空軍機2機を撃墜し、墜落した操縦士2人を拘束したと発表した。インドが26日にパキスタン領内で過激派戦闘員に対する空爆を行ったことに対し、パキスタン政府は「時期と場所を見て」対抗措置を取ると表明していた。

パキスタン情報省は、拘束したインド軍機の操縦士の1人が映っているとする動画を公表した。目隠しをされ、顔に血のあとがあるように見える男性は、アブヒナンダン空軍中佐だと名乗った。

パキスタン軍報道官のアシフ・ガフール少将は、撃墜したインド空軍機のうち1機はパキスタン領内に墜落し、もう1機はインド領内に墜落したと説明した。一方で、「戦争の道を進みたくない」ため、インドの軍事標的を狙わなかったとも述べた。

インドのスシュマ・スワラジ外相は、自分たちは「自制心をもって責任ある行動をとる」と述べ、「インドは状況の悪化を望んでいない」と強調した。

パキスタン外務省は27日、インド機撃墜に先立ち、カシミール地方でのインドとの停戦ラインを超えて、パキスタン空軍が空爆を行ったと発表していた。これについてパキスタンは「非軍事的標的を爆撃し、人的被害や巻き添え被害を回避した」と説明したが、インド側はパキスタン機を迎撃したと反論していた。

アメリカ、欧州連合(EU)、中国はいずれも、印パ両国に自制を求めた。

Image caption カシミール地方周辺の地図。濃い茶色がカシミール地方で、主に北部をパキスタンが、南部をインドが占有しており、白い点線が事実上の国境となっている。左側の青い部分が、インドが26日に空爆したパキスタン・バラコット

インドはさらに、領空での飛行制限を発表したとされる。ヴィスラタ航空によると、カシミール地方周辺のフライトは中止された。

カシミール地方では14日にインド側で同国警察隊を狙ったテロがあり、少なくとも40人が死亡して以来、両国間の緊張が高まっていた。

停戦ラインを超えた空爆は、1971年の第3次印パ戦争以来。インドとパキスタンは両国とも、核保有国。

停戦ラインを超えた砲撃も続いており、26日の攻撃ではパキスタン市民4人が死亡したほか10人が負傷した。インド当局によると、インド側では兵士5人が負傷したという。停戦ラインに近いラジューリ地区とプーンチ地区では、学校が閉鎖された。周辺の住民には避難指示が出された。

イスラム教徒が住民の多数を占めるカシミール地方は、インドとパキスタンの双方が全域への領有権を主張しているが、停戦ラインを挟んで両国に分断されている。

カシミール地方は、1947年のインド・パキスタンの分離独立時に帰属が決まらず、独立から2カ月後の暴動発生を機に第1次印パ戦争が勃発した。1949年の国連調停による停戦合意で停戦ラインが引かれたが、その後も1965年と1971年に印パ戦争の戦場となった。

インドとパキスタンの緊張関係

1947年10月:イギリスから独立して2カ月後に、カシミール地方の領有権をめぐって戦争が始まった

1965年8月:再びカシミール地方をめぐって短い戦争が起きた

1971年12月:東パキスタンが独立運動を起こし、インドが介入。パキスタン領内を空爆した。結果として東パキスタンはバングラデシュとして独立した

1999年5月:カシミール地方カールギルのインドの駐屯地を、パキスタン軍と武装勢力が制圧。インドは空と地上から攻撃を行い、パキスタン側を排除した

2001年10月:インド側のカシミールの国会が攻撃され、38人が死亡。2カ月後にインドの首都デリーの国会議事堂が攻撃され、14人が亡くなった

2008年11月:インド西部ムンバイの主要駅や高級ホテル、ユダヤ人の集会所などが同時に攻撃され、166人が犠牲となった。インドはパキスタンに拠点を置く過激派集団「ラシュカレトイバ(LeT)」の犯行だと非難している

2016年1月:インド北部パサンコットの空軍基地が4日間にわたって攻撃され、インド兵7人と戦闘員6人が死亡した

2016年9月18日:カシミール地方ウリのインド軍駐屯地が攻撃され、インド兵19人が死亡した

2016年9月30日:インドはパキスタン側のカシミールにいる武装集団に「局地的な空爆」を行ったと発表。パキスタンはこうした空爆はなかったと主張している

(英語記事 Pakistan 'shoots down two Indian jets' in Kashmir escalation

関連トピックス

この話題についてさらに読む