HIV治療でウイルス「消滅」、幹細胞移植で英男性 2例目

HIV Image copyright Getty Images
Image caption 幹細胞移植を受けた男性の体内でHIVが検知されなくなったという

エイズ(後天性免疫不全症候群)の病原体、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染した患者に幹細胞を移植する治療を施したところ、約1年半にわたり体内のウイルス量が減り続け、「検知できない」水準まで減ったという。世界で2例目の成功例として、イギリスの研究チームが5日付の英科学誌ネイチャーで発表した。

ロンドン在住の男性は2003年にHIV陽性、2012年に進行期のホジキンリンパ腫とそれぞれ診断された。ホジキンリンパ腫に対する化学療法に加え、2016年にHIV耐性のある提供者の幹細胞の移植を受けた結果、18カ月にわたり、腫瘍は縮小しHIVは減少し続けたという。

男性はもはや、HIV治療薬を使用していない。ただし、研究チームは男性が「完治」したと言うのは時期尚早だと指摘している。

研究チームには、ユニヴァーシティ・コレッジ・ロンドン(UCL)、インペリアル・コレッジ・ロンドン、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学の研究者たちが参加した。

「例外ではない」

幹細胞治療によってHIV患者が、ウイルスが検知できず症状の出ていない寛解状態になったのは、これで2人目。

10年前にはドイツ・ベルリンで別の患者が、生まれつきHIVに耐性のある提供者から骨髄移植を受けた。HIV/エイズに「勝った」世界初の患者と呼ばれるこのティモシー・ブラウンさんは、2回の幹細胞移植と、急性骨髄性白血病のための放射線全身照射治療を受けた。

今回の研究報告の筆頭著者、UCLのラヴィンドラ・グプタ教授は、「類似の手法によって2人目の患者の寛解を実現することで、ベルリンの患者が例外ではなく、治療法によって2人の体内からHIVを排除したのだと示した」と説明している。

研究に参加したインペリアル・コレッジ・ロンドンのエドゥアルド・オラヴァリア教授は、幹細胞移植の成功によって、HIV治療の新戦略開発が期待できるようになったと話した。その上でオラヴァリア教授は、「ただし、リンパ腫治療に必要だった化学療法は毒性が強いものなので、今回の治療法は、HIVの標準治療としてはふさわしくない」と指摘している。

Image copyright Getty Images
Image caption 今回の患者は抗HIV薬の服用を中止することができた

どういう仕組みなのか

世界で最も多く見られるHIVの種類はHIV-1と呼ばれる。HIV-1は通常、「CCR5」と呼ばれるタンパク質に結びついて人間の細胞に侵入する。

しかし、ごく少数の人はHIVに感染しにくい耐性があり、この人たちは2つの形で突然変異したCCR5を持つ。突然変異型のCCR5をもつ人間の体内にHIVが入っても、細胞に侵入することができない。

今回の研究でロンドンの患者は、この突然変異型CCR5をもつドナーから、幹細胞の移植を受けた結果、自分もHIV耐性を獲得した。

ただし、治療後の患者の体内に、すでにHIVが侵入した細胞が未発症の状態で長年にわたり留まることもあり得る。

イギリスの研究チームは、ベルリンの患者の回復が例外的な現象ではなかったことが確認されたため、HIV感染者のCCR5受容体を対象にした遺伝子治療も選択肢として可能になるかもしれないと話している。

有効性は

インペリアル・コレッジ・ロンドンで感染症を研究する、英国立健康研究所(NIHR)のグレアム・クック教授は、今回の研究成果は「励みになる」と評価している。

「この治療法が効く患者と効かない患者がいるのはなぜなのか分かれば、HIV完治という究極的目標に近づく」と期待を寄せる一方で、クック教授は「現時点では、HIV陽性だという以外は健康な患者に使用するには、この治療法はまだリスクが大きすぎる」と慎重な姿勢を示した。

英カーディフ大学の感染症研究者、アンドリュー・フリードマン博士は、「興味深いし、重要な意味を持つかもしれない報告だ」と評価し、「こうした治療法は明らかに、世界中に住む何百万人ものHIV感染者の治療としては現実的ではないが、究極的なHIV完治法の開発の一助となるかもしれない」と述べた。

フリードマン教授はさらに、完治の方法が確立されるまでは、患者を適切に診断して多剤併用療法を開始することが重要だと強調した。これによって、HIVの感染拡大を減らし、感染者の寿命を健康な人と同じ程度に延ばすことができるという。


<解説> 完治への期待?――ミシェル・ロバーツ、BBCオンライン・ヘルス編集長

今回の研究成果に気持ちは盛り上がるが、世界中に数百万人いるHIV感染者が使える新しい治療法ではない。

積極的な治療法は主に、HIVではなく患者のがんに対してのものだった。

すでに確立されているHIV治療法は、きわめて効果的だ。HIVに感染しても、長く健康で暮らすことができる。

ただし、今回の報告が画期的なことには変わりはない。HIVに取り組み完治する新しい方法を模索する研究者にとって、手助けとなるかもしれない。

人体に本来備わっている感染への抵抗力を理解すれば、HIV根絶への期待は高まる。たとえ、まだかなり先のことだとしても。


(英語記事 UK patient 'free' of HIV after stem cell treatment

関連トピックス

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません