K-POP界のセックス・スキャンダル拡大 同意なしビデオ理由に引退

Jung Joon-young pictured in 2017 Image copyright VCG via Getty Images
Image caption 韓国の人気歌手チョン・ジュニョンさん(2017年撮影)

韓国の芸能界が、相次ぐセックス・スキャンダルで揺れている。12日には人気歌手チョン・ジュニョンさん(30)が、女性との性行為を相手の同意なく撮影してソーシャルメディアに掲載したと認め、芸能界引退を発表した。前日には人気アイドルグループのメンバーが性的斡旋(あっせん)を理由に引退を表明している。

チョンさんは、「自分の罪を全て認める」、「女性たちを同意なく撮影し、チャットルームで動画を共有した。あまり罪悪感を感じていなかった」と声明を発表した。テレビ出演や音楽関係の仕事をすべて中止すると約束した。

チョンさんのセックス・ビデオについては韓国の放送局SBSが最初に報道。それによると、2015~2016年にかけて、自分の性行為の動画を携帯電話のチャットルームで友人たちに共有したという。

声明でチョンさんは「激怒」させたファンと、プライバシーを侵害した女性たちに謝罪。「これから自分は一生、犯罪にあたる自分の不法行為や不道徳な行為を悔やみ続ける」と述べた。

さらにチョンさんは、「14日から始まる警察の捜査に、誠実に協力する。自分を待ち受ける罰はどのようなものでも、進んで受け入れる」とコメントした。

チョンさんによる性行為の撮影については2016年にも、元恋人が訴え出たが、チョンさんが同意のもとだったと主張したため、女性は訴えを取り下げた。

韓国では前日には、人気男性アイドルグループ「BIGBANG(ビッグバン)」のメンバーV.I(スンリ)容疑者(28)が、出資者にセックスワーカーを斡旋しようとした疑いで訴追されている。

Image copyright VCG via Getty Images
Image caption スンリ容疑者(左)は出資者にセックスワーカーを斡旋しようとした疑いで訴追された

警察がスンリ容疑者を捜査する過程で、チョンさんのビデオを発見したという。スンリ容疑者も、チョンさんのグループチャットに加わっていたとみられている。

スンリ容疑者は11日に芸能界引退を発表し、警察捜査への協力を約束した。売春婦を斡旋しようとした疑いについては、否認している。

(英語記事 Jung Joon-young: K-pop star quits over secret sex videos

この話題についてさらに読む