ヴァチカン高官、児童性的虐待で6年の禁錮刑 オーストラリア

George Pell attends a sentence hearing at a Melbourne court on 27 February 2019 Image copyright Getty Images
Image caption ジョージ・ペル枢機卿は、性的暴行で有罪判決を受けたカトリック教会の聖職者としては最高位となる

豪ヴィクトリア州裁判所は13日、オーストラリアで複数の性的暴行罪に問われていたローマ法王庁財務長官ジョージ・ペル枢機卿(77)に対し、6年の禁錮刑を言い渡した。性的暴行で有罪になるカトリック教会の聖職者としては最高位。

メルボルン地裁の陪審団は昨年12月、ペル枢機卿が1996年に当時13歳だった2人の少年に性的暴行を働いたとして有罪評決を下していた。

ペル被告は全ての罪について無罪を主張し、すでに上訴している。

ピーター・キッド裁判長は13日の量刑言い渡しで、ペル枢機卿が「2人の被害者に破廉恥で力ずくの性的暴行を加えた」として、「あなたの振る舞いは、愕然(がくぜん)とするほどの傲慢に満ちていた」と述べた。

昨年12月の裁判では、16歳未満の子供相手に性行為をした罪と、16歳未満の子供へのわいせつ行為4件について陪審団から全員一致の有罪評決が下った。

ローマ法王フランシスコ1世の側近だったペル枢機卿が有罪となり、カトリック教会には激震が走っている。

<関連記事>

13日の量刑言い渡しには、性的虐待のサバイバーも傍聴に訪れ、法廷は満席だった。

今回の判決で枢機卿は服役期間が3年8カ月を過ぎれば、仮釈放の可能性がある。控訴審は6月に行われる予定。

法廷で明らかになったこと

検察によると、ペル被告はメルボルン大司教に就任した1996年に、メルボルンのセント・パトリック大聖堂内で、ミサの後に聖歌隊の少年2人を性的に虐待した。

訴えによると被告は、少年たちが聖餐のワインを飲んだことをとがめ、それぞれの少年にわいせつ行為を強制したという。被害者のうち1人は、1997年にも虐待を受けた。

公判では、被害者の1人が法廷で証言した。もう1人の被害者は2014年、薬物の過剰摂取で亡くなっている。

昨年暮れの有罪評決は、法律上の理由から報道が規制されており、今年2月に初めて明らかになった。

Image copyright Getty Images
Image caption ペル枢機卿は、ローマ法王フランシスコ1世の側近の1人だった。写真は2015年撮影

「深刻な」虐待

キッド裁判長は、ペル枢機卿による虐待行為は、被害者との力関係があまりに「あからさま」にいびつだったことからも、ことさらに残酷だったと批判。枢機卿に対し、「あなたは他でもないセント・パトリック大聖堂の大司教だった。そして、大聖堂の中で2人の聖歌隊の少年を性的に虐待した」と述べた。

「少年たちが泣くと、静かにするよう命令したほどだ」

一方で裁判長は、量刑を決めるにあたり枢機卿の年齢と健康を考慮したと話した。5件の有罪評決は、それぞれ最大10年の禁錮刑となる可能性があった。

さらにキッド判事は、ペル枢機卿がカトリック教会全体の性的虐待問題の「身代わり」になってはならないと指摘した。

当局は今回、「開かれた正義」を理由に量刑言い渡しを生中継した。

枢機卿の主張

枢機卿の弁護団は、陪審団の評決は生存している被害者1人の証言に大きく依存しすぎているため「理不尽」だと批判している。

また、ペル枢機卿は陪審員への申し立てを不当に妨害されたと主張し、弁護側の再現映像を証拠採用するよう求めている。

Image copyright Getty Images
Image caption 法廷の前には虐待への抗議行動を行う人たちが集い、携帯電話で判決を聞いた

ヴァチカンのローマ法王庁は2月、ペル枢機卿の有罪判決は「多くの人に衝撃を与える痛々しいニュース」だとし、枢機卿は聖職者としての活動を禁じられたと発表した。ペル枢機卿は昨年12月の時点で、法王の側近から外された。

一方でローマ法王庁は、枢機卿には「最後まで自分を弁護する」権利があると述べている。

カトリック教会と性的虐待

聖職者による児童の性的虐待は、1970年代以前はほとんど問題にされなかった。問題が浮上したのは、1980年代にアメリカとカナダで初めて、聖職者による性的加害行為が明らかになってからだった。

それからの数十年で、世界中でこうした虐待の証拠が明らかになった。オーストラリアでは、カトリックの司祭の7%が児童を虐待した経験があると報告されている。

フランシスコ法王は、性的虐待に対処する委員会を立ち上げた。2月には児童への性的虐待に関する特別会議を開き、加害者の聖職者は「サタン(キリスト教の悪魔)の手先」だと発言した。

しかし、児童への性的虐待とその隠ぺいについて、法王の取り組みは不十分だという批判の声もある。

(英語記事 Cardinal jailed for child sexual abuse

この話題についてさらに読む