銃撃犯につかみかかり、追いかけ……大勢の勇気 ニュージーランド銃撃

Tributes in Christchurch to victims of the mosque killings, 17 March Image copyright Getty Images

ニュージーランド・クライストチャーチで15日に発生したモスク(イスラム教礼拝所)銃撃事件で、参拝者や地元警察官による数々の勇敢な行動が明らかになった。この事件では50人が死亡し、数十人が負傷した。

襲撃されたモスクにいた男性信者は犯人に立ち向かい、クレジットカードの読み取り機を投げて応戦したという。

また、主犯のブレントン・タラント容疑者(28)を追いかけて逮捕した警察官2人のうち、1人は拳銃しか持ち合わせていなかった。

ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相によると、タラント容疑者は車に爆発物を乗せており、さらに襲撃を行う予定だったという。

アーダーン首相はこの事件を「テロ攻撃」と呼んでいる。18日には、内閣が銃規制の強化について協議する見通しだ。

<関連記事>

捜査当局は犠牲者の検視を進めており、遺体は20日までに遺族の元に戻される予定。

犠牲者への追悼が続く一方、現在も34人が病院で治療を受けている。うち1人は4歳の少女で、重体だという。

Image copyright AFP
Image caption アブドゥル・アジズさんは、カード読み取り機で犯人に立ち向かった

2カ所目の襲撃現場となったリンウッド・モスクにいたアフガニスタン生まれのアブドゥル・アジズさん(48)は、誰かが発砲したという叫び声を聞いた。

モスクが襲撃されたと気付いたアジズさんはクレジットカードの読み取り機を取り、襲撃犯の方へ走り、武器を補充しに車に戻っていた犯人に向かって投げつけた。犯人が自分に向けて発砲すると、車の間に隠れたという。

アジズさんは事件当時、4人の子どもと共にモスクを訪れていた。犯人が落とした銃を取って引き金を引いたが、弾は空だった。アジズさんは空の銃を手にしたままモスク内に戻り、再び犯人と向き合った。

ロイター通信に対してアジズさんは、「私がショットガンを持っているのを見て、犯人は銃を落として車へと逃げました。追いかけると相手は車内に座っていたので、持っていた銃を窓に向かって矢のように投げつけた。犯人は私をののしって逃げていった」と説明した。

リンウッドでイマーム(イスラム指導者)代行を務めるラテフ・アラビ師はAP通信に、アジズさんが銃撃犯を怖れずに立ち向かわなければ、同モスクでの死者は増えていただろうと語った。

その後、この近辺にいた地元の警察官2人が犯人を追跡し、車を制止させてタラント容疑者を逮捕した。この様子は目撃者が撮影し、ソーシャルメディアで拡散された。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ニュージーランド・クライストチャーチで70人以上が死傷したモスク銃撃事件の後、市内で警察が逮捕している映像がソーシャルメディアに投稿された

アーダーン首相は16日、「(警察官は)何よりニュージーランドを最優先した」と称え、警官2人を表彰する方針を明らかにしている。

銃撃は15日午後1時40分(日本時間午前9時40分)ごろ、リンウッドから5キロほど離れたクライストチャーチ中心部のアルヌール・モスクで、金曜の礼拝中に起きた。

白人至上主義を掲げるタラント容疑者は、フェイスブックで銃撃の様子を生中継した。

ビデオでは、パキスタン出身のナイーム・ラシドさん(50)が、撃たれる前に犯人につかみかかる様子が映っていた。ラシドさんは病院に運ばれたが亡くなった。

ラシドさんの兄弟のクルシド・アラムさんはBBCに、「犯人を止めようとして何人かの命を救ったという目撃証言があります。誇りに思うが、それでも喪失は大きい。腕を切り落としたみたいです」と話した。

ラシドさんの息子のタルハさん(21)も亡くなった。タルハさんは最近新しく就職し、近く結婚する予定だったという。ラシドさん一家は2010年からニュージーランドに住んでいた。

パキスタンのイムラン・カーン首相はツイッターで、ラシドさんを表彰することを明らかにした。

アルヌール・モスクの女性礼拝室にいたとされるホスネ・アラさん(42)は、車椅子に乗っていた夫を探している最中に亡くなった。夫のファリド・ウディン・アフメドさんは助かった。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
銃撃で妻を失い……犯人を「人として愛し許す」

アフメドさんによると、ホスネさんは事件当時、女性や子どもたちをモスクから逃がそうとしていたという。

「妻のしたことを誇りに思います。妻は善行のために亡くなった。正に自分が愛する通りに、私が愛する通りに行動したのです」とウッディンさんはBBCの取材に答えた。

「私は妻を亡くしたが、犯人を憎んではいません。人として犯人を愛しています。彼を許し(中略)彼のために祈ります」

マイク・ブッシュ警察総監は、警察は通報から6分後にアルヌール・モスクに到着し、36分以内にタラント容疑者を逮捕したと説明した。アルヌール・モスクでは42人、リンウッド・モスクでは8人(内1人は病院で)亡くなっている。

ニュージーランド議会は19日に、犠牲者を追悼する。

タラント容疑者は16日にクライストチャーチ地裁に出廷。留置所の白いシャツに手錠のまま、報道陣に向かって微笑んだ。今のところ殺人容疑1件で訴追されているが、今後さらに容疑は増える見通し。

ブッシュ総監によると、タラント容疑者は単独犯だったとみられており、この事件に絡んで訴追されたのも同容疑者1人のみ。

(英語記事 Stories of heroism emerge from NZ attacks

この話題についてさらに読む