沖縄の長寿、秘密は「高炭水化物食」にあり?

デイヴィッド・ロブソン

Image copyright Alamy
Image caption 沖縄の伝統的な揚げ菓子のサーターアンダギー

人間は何世紀にもわたり、世界の大陸をまたいで「若さの秘薬」を探し求めてきた。

そんな中で近年、注目の的になっているのが、東シナ海に浮かぶ沖縄諸島だ。ここの高齢者は地球上のだれよりも長い平均余命を誇るばかりでなく、ほとんどが驚くほど元気な老後生活を送っている。

特に注目されるのは、100歳まで長生きする人の数だ。沖縄では人口10万人につき、100歳以上の住民が68人もいる。米国人の割合と比べたら3倍以上だ。

沖縄の人が100歳を迎える確率は日本国内を基準にしても抜群に高く、他の地域を40%も上回る。

研究者たちが沖縄の長寿の秘密を解き明かそうと、何十年もかけて遺伝子や生活習慣を調べてきたのも無理はない。

中でも最近、研究者が注目している実に興味深い要因のひとつが、炭水化物の多い食生活だ。沖縄の食事はたんぱく質に対する炭水化物の割合が目立って大きい。特にサツマイモが豊富で、カロリー源のほとんどを占める。

<関連記事>

「今は高たんぱく、低炭水化物食を勧めるダイエットが人気だが、それとは全く逆」と指摘するのは、オーストラリアのシドニー大学で栄養と老化の研究に取り組むサマンサ・ソロン・ビエット博士だ。

アトキンス式やパレオ(旧石器時代)式といった食事法が大きな人気を呼んでいるにもかかわらず、高たんぱく食が実際に長期的な健康効果をもたらすことを示す証拠はごく少ない。

では逆に、炭水化物とたんぱく質を10対1の割合で取る「沖縄比率」が長生きと健康の秘訣なのだろうか。そんな説をもとに生活習慣を変えようとまで言い出すのは、あまりにも早すぎる。

しかし人間を対象にした追跡調査や動物実験で出てきた最新の結果からみて、この仮説は本気で注目する価値がありそうだ。

研究結果によれば、たんぱく質を抑えて炭水化物を多く取る食生活は体にさまざまな生理反応を引き起こす。そしてこの反応が、がんや心血管疾患、アルツハイマー病など老化に関連するさまざまな病気から私たちを守ってくれるという。

その効果を得るのに最適なバランスが、沖縄比率で確保できるのかもしれない。

Image copyright Getty Images
Image caption 沖縄の人々は90代になってからも活動的で自立した生活を続け、老化関連の病気にかかる率が低い

研究の中心になっているのは、1975年から沖縄県内150以上の島で高齢住民の健康状態を調べてきた沖縄百寿者研究(OCS)のデータだ。OCSでは2016年までに100歳以上の計1000人が調査対象になった。

沖縄に住む100歳以上の高齢者は晩年に長患いすることもなく、よくある老化現象の進行が遅いように見受けられた。

3分の2近い人が97歳になるまで自立生活を送っていた。この見事な「健康寿命」は、老化に関連する多くの病気にはっきりと表れていた。

沖縄の100歳代は総じて、動脈壁に石灰化したプラークがたまり心不全の原因になるという、心血管疾患の典型的な兆候がみられなかったがんや糖尿病認知症の発生率も他の地域に比べてはるかに低い。

大当たりの遺伝子

このような結果からみて、沖縄に特別な人々が住んでいることは間違いない。だがその並外れた長寿はどうしたら説明がつくのだろう。

遺伝学上の運が良かったというのは、重要な要因のひとつかもしれない。沖縄の住民は島の地理的条件のせいで、外部から比較的隔絶されていた時代が長かったため、独特の遺伝子構成を持つようになった可能性がある。

予備研究で指摘されている例を挙げると、心臓病やアルツハイマー病のリスクを高めるとされるAPOE遺伝子を持つ人が少なく、代謝や細胞の成長にかかわるFOXO3が保護的な遺伝子型である人が多いようだ。この遺伝子型を持つ人は背が低めで、がんなど老化に関連するさまざまな病気のリスクが小さいとされる。

とはいえ、沖縄住民の長生きが遺伝子だけで完全に説明できるとは考えにくい。生活習慣も重要な要因だろう。

OCSによると、沖縄は他の地域より喫煙率が低い。農業と漁業に従事する人が多く、よく体を動かしている。地域社会の結び付きが強いため、住民は年を取ってからも活発な社会生活を維持することができる。

社会的なつながりはつらい出来事に対する体のストレス反応を抑え、健康状態や寿命に良い影響をもたらすことも知られている。(その反対に、孤独は1日15本の喫煙と同じ害を及ぼすという報告もある

Image copyright Getty Images
Image caption 人とつながっているという感覚には健康を守る効果がある一方、孤独が及ぼす害は1日19本のたばこに相当すると考えられている

沖縄式食生活の効果

しかし中でも、元気に年を取るための意識を変える威力が一番強そうなのは、沖縄の食生活だ。

アジアの他の地域と違って、沖縄の主食は米ではなく、17世紀初めにオランダとの貿易で持ち込まれたサツマイモだ。緑黄色野菜やゴーヤ、色々な大豆製品もよく食べる。豚肉などの肉や魚も食べるが、たいていは菜食中心の食事のほんの一部にすぎない。

そのため伝統的な沖縄の食生活は、抗酸化物質など体に欠かせないビタミンとミネラルが豊富で、カロリーは低い。特にファストフードが進出するまで、沖縄住民の平均摂取カロリーは健康な成人の摂取基準を約11%も下回っていた。

こうしたことから、「カロリー制限」食に健康効果があることを沖縄住民が裏付けていると考える研究者もいる。

1930年代以降、一部の医師や研究者が主張してきたのは、摂取エネルギーの量を制限し続ければ、減量以外にも老化現象を減速させるなど大きな効果が期待できるという説だ。


アカゲザルを使ったある実験は、特に説得力がある。ひとつの群れで摂取カロリーを平均より30%減らしたところ、20年間のうちに老化関連の病気で死ぬサルが63%も減ったという。この群れは見た目も若く、しわが少なかったり、体毛が白くならずに若々しい光沢を保っていたりした

人間への長寿効果を調べる長期的な臨床試験は実務的に難しい面があり、まだ完了していない。しかし米国立加齢研究所(NIA)の出資で最近行われた2年間の試験は大きなヒントになった。カロリー制限をしたグループは血圧やコレステロールが低いなど、心血管系の健康状態がほかのグループより良いことが分かった。

カロリー制限食になぜそれほどの効果があるのかは今のところはっきりしていないが、可能性としてはさまざまな仕組みが考えられ、例えばこんな説がある。

カロリーを制限すると体内の細胞でエネルギーの状態を伝えるシグナルが変化し、体全体が成長や生殖よりも、DNAの修復など保守保全活動のほうに大きな労力をかけるようになる。

また体内では代謝の副産物として、細胞を傷つける恐れのある有害物質が発生するが、この有害物質が引き起こす酸化ストレスも抑えられるという。

Image copyright Alamy
Image caption サツマイモは伝統的な沖縄料理に使われる主な食材のひとつだ

沖縄式食生活の効果は、カロリー制限だけにとどまらない。

ソロン・ビエット博士はこれまで、食べ物の内容(単なる分量ではなく)が動物の老化にどう影響するかについて研究を重ねてきた。そこから一貫して導き出されたのは、炭水化物を多く与えてたんぱく質を少なくすると、さまざまな動物の寿命が延びるという結論だ。

最新の研究では、脳内にみられる老化の兆候が一部抑えられることが分かった。そして驚いたことに、炭水化物とたんぱく質の比はいわゆる「沖縄比率」と同じく、10対1が最適だと分かった。

人間での比較対照試験はまだ実施されていないが、ソロン・ビエット博士によれば、世界各地のあらゆる疫学研究が同じような結論を物語っている。

博士は「寿命の長い他の地域の食生活も、たんぱく質の摂取量が比較的少ないパターンだということが分かっている」と指摘し、例として「パプアニューギニアのキタバ島民や南米の先住民チマネ族、地中海式の食事を取っている人々」を挙げた。

ここでもやはり、正確な仕組みはよく分っていない。カロリー制限と同じように、低たんぱく食も細胞の保守保全を促すようだ。

米カリフォルニア大学デイビス校の栄養生物学者、カレン・ライアン博士によれば、アミノ酸が不足すると、細胞は(新しくたんぱく質を合成するより)古い材料を再利用しようとするとも考えられている。

「このような変化が一緒になって、劣化したたんぱく質が細胞内にたまるのを防いでいるのかもしれない」と、ライアン博士は言う。

劣化たんぱく質の蓄積は老化に関係し、一般にさまざまな病気を招く可能性があるそうだ。しかし低たんぱく食を続ければ日常的に掃除ができるので、蓄積を防げるという。


それでは、だれもがみんな沖縄式食生活を始めるべきかというと、必ずしもそうではない。

ライアン博士が示すデータによれば、65歳までは低たんぱく食によって体へのダメージを抑えられる可能性があるものの、それ以降はたんぱく質を増やしたほうが体に良いかもしれない。

「最適な栄養の取り方は年代によって違うはず」と、ライアン博士は言う。

さらにある研究では、たんぱく質と炭水化物の相対的な良し悪しはたんぱく源によって決まるとの可能性が指摘されたことにも注目しておこう。

例えば植物性たんぱく質が豊富な食生活のほうが、肉や乳製品の多い食生活より体に良いようだ

つまり沖縄の人々は高炭水化物、低たんぱく質の食事内容というよりも、(主に)果物や野菜ばかりを食べているおかげで長生きなのかもしれない。

沖縄の人々が元気なのは結局、さまざまな要因が運良く重なったおかげだろうというのが、ライアン博士の意見だ。

「さらには要因同士がどう作用し合うのか、その詳細も重要だ」という。

私たちはいつの日か「若さの秘薬」を作る本物のレシピを突き止めるまで、ひとつひとつの成分がどのくらい大事なのかを調べていく研究に、まだ長い年月を費やす必要がありそうだ。

(英語記事 A high-carb diet may explain why Okinawans live so long

この話題についてさらに読む