ヘイトクライムをでっち上げた? 米俳優が不起訴に 弁護側とシカゴ市側の言い分とは
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ヘイトクライムをでっち上げた? 米俳優が不起訴に 弁護側とシカゴ市側の言い分とは

ヘイトクライム(憎悪犯罪)の被害をでっち上げたとして2月に訴追された、アフリカ系アメリカ人で米ドラマ「Empire 成功の代償」に出演する俳優のジャシー・スモレット氏(36)について、米イリノイ州シカゴの検察は26日、16件すべての罪状について不起訴とした。理由は明らかになっていない。

この決定について、弁護団は「正しい結果」だと述べ、スモレット氏も「私は初日からあらゆる側面で、正直を貫き、主張も一貫していた。今回疑われたようなことをわずかでもできるような人間だったら、自分の母親の息子に値しない」と主張した。

一方で、シカゴのラーム・エマニュエル市長は「司法の隠ぺいだ」と非難したほか、シカゴ市警本部長も正義が実現されていないと感じたと述べた。