米ラッパー射殺、容疑者の男を逮捕 直前に口論か

Nipsey Hussle Image copyright David Crotty
Image caption 米ラッパーのニプシー・ハッスルさんのデビューアルバムは今年2月のグラミー賞で最優秀ラップアルバム賞にノミネートされた

米ラッパーのニプシー・ハッスルさん(33)が射殺された事件で、ロサンゼルス市警察は2日、容疑者の男を逮捕した。

エリック・ホルダー容疑者(29)は犯行後、待機していた車で現場から逃走していた。

カリフォルニア州サウスロサンゼルス出身のハッスルさん(本名エルミアス・デヴィッドソン・アスゲダム)は1日、ロサンゼルスの自分が経営するアパレルショップの外で射殺された。

ハッスルさんが昨年リリースしたデビューアルバム「ヴィクトリー・ラップ(Victory Lap)」は、今年2月のグラミー賞で最優秀ラップアルバム賞にノミネートされた。

捜査官は犯行について、ホルダー容疑者とハッスルさんの間の「個人的な問題」が原因だったとみている。

<関連記事>

ロサンゼルス市警察のマイケル・ムーア本部長は記者団に対し、容疑者は事件前、ハッスルさんと口論になっていたと明かした。

容疑者は一旦その場を離れたものの、銃を持って現場に戻り、発砲したという。

米エンターテインメント情報サイトのTMZによると、監視カメラの映像には、暗い色のシャツを着た1人の男が少なくとも3回発砲し、逃亡する様子が映っていた。この事件では2人が負傷した。

Image copyright Reuters
Image caption エリック・ホルダー容疑者(29)は2日、カリフォルニア州ベルフラワーで逮捕されたという

ハッスルさんは10代の頃、ロサンゼルスのストリートギャング集団「ローリン60s(the Rollin' 60s)」の一員だった。

その後は地元の活性化に尽力し、「デスティネーション・クレンショー(Destination Crenshaw)」というアフリカ系アメリカ人を称える野外アートプロジェクトにも携わった。

事件を受けて、ハッスルさんを追悼する声が殺到している。

1日にはロサンゼルスで追悼集会が開かれた。警察によると、会場に銃を振り回す人物が現れたため、一斉に人々が逃げ出す事態となった。少なくとも19人が負傷し、うち2人は重傷。中には銃を奪い取ろうとした人もいたという。

(英語記事 Nipsey Hussle murder suspect arrested

この話題についてさらに読む