日本のお花見、経済にも大きく貢献
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

日本のお花見、経済にも大きく貢献

日本文化において、桜は自然の美しさや季節の移り変わりを思い起こさせてくれる大事な花だ。

ブルームバーグによると、昨年、桜を見に日本を訪れた外国人観光客は500万人に上った。花見の経済効果は全体でおよそ27億ドル(約3000億円)だった。

日本では春になるとお花見やそれに絡んだイベントが開かれ、多くの人がつかの間の桜の美しさを愛で、桜の木の下で飲食を楽しむ。