タイ・バンコク最大級の商業施設で火災 少なくとも2人死亡

Fire rescue workers at the scene of the fire

画像提供, Reuters

画像説明,

数百人がショッピングセンターやホテルから避難した

タイの首都バンコクにある大型複合商業施設で10日、火災が発生し、少なくとも2人が死亡した。

現場はバンコク中心部にある複合商業施設「セントラルワールド」で、10日午後5時40頃、施設の8階から出火したとみられる。

地元の報道や目撃者の証言によると、少なくとも1人が施設から転落して死亡した。

ソーシャルメディアに投稿された動画では、商業施設から避難する数百人の姿が確認できる。

ある動画は、救急隊が帰宅ラッシュで渋滞が発生する中、現場にたどり着くために悪戦苦闘する様子をとらえていた。

エラワン救命救急センターはAFP通信に対し、少なくとも17人が負傷したと述べた。出火原因はわかっていない。

画像提供, Google

画像説明,

57階建てのセンタラグランドホテルや会議室などからなる複合施設

バンコクのアサウィン・クワンムアン知事は10日夜の会見で、11日に出火原因について調査を開始すると述べた。

また、安全が確認されるまでは施設を閉鎖するという。

施設側はフェイスブックページ上に、出火から約30分で鎮火したと投稿した。

ショッピングセンターやホテルなどからなる複合施設のセントラルワールドはバンコク最大級で、世界では11番目の大きさだという。