【写真で見る】 220キロ沖合で漂流する犬を救出 タイ

タイ沖合を漂流していた1匹の犬が12日午後、近くで石油の掘削作業をていた作業員によって救出された。犬が発見されたのは岸から約220キロも離れた海上だったという。

茶色の犬は、作業員が呼びかけると泳いで近づき、無事に引き揚げられた。

なぜ陸から相当離れた場所で漂流していたのかは分かっていないが、トロール漁船から誤って転落したのではないかとの報道もある。

The rig workers named the dog Boonrod, which translates as "The Saved One" Image copyright ViralPress

作業員はこの犬を「ブーンロッド(Boonrod)」(タイ語で「助けられた者」「生存者」の意味)と名付けた。

The dog is estimated to be between three and five years old Image copyright ViralPress

長時間漂流していたのか、へとへとになっていたブーンロッドは、飲み水と食べ物を欲していた。

The dog was temporarily cared for on the oil rig Image copyright ViralPress
The dog was given fresh drinking water on the rig Image copyright ViralPress

作業員は無線を使って、岸に向かうタンカーの応援を要請した。その間、ブーンロッドは掘削現場で元気になるまで世話をしてもらった。

The dog was temporarily cared for on the oil rig Image copyright ViralPress
Boonrod was washed to cleanse his fur of salt from the seawater Image copyright ViralPress

海水で塩まみれになっていた毛を洗ってもらったブーンロッドは眠りについた。

The dog looks out to sea after it was rescued by oil rig workers Image copyright ViralPress

救出時、海は穏やかだったという。作業員は、ブーンロッドを簡単に発見できたと振り返る。

The dog was lifted by crane onto an oil vessel that was passing through the area on Sunday Image copyright ViralPress

ブーンロッドは14日、クレーンを使ってタンカーに移され、タイ南部にある診療所へと向かった。

The dog recieved a check-up at a veterinary practice in southern Thailand Image copyright ViralPress

無事に獣医のもとへ運ばれた際には上機嫌だったという。

The dog appeared happy to be back on land Image copyright ViralPress
Presentational white space

全ての画像は著作権者に帰属します

(英語記事 Dog rescued 220km off Thai coast

関連トピックス

この話題についてさらに読む