スリランカ連続爆発、事前情報を得ながら当局未対応か

Sri Lankan Prime Minister Ranil Wickremesinghe (C) arrives to visit the site of a bomb attack at St. Anthony"s Shrine Image copyright AFP
Image caption 爆発のあったコロンボ市内の聖アントニー教会を訪れたラニル・ウィクラマシンハ首相(中央)

スリランカの教会やホテルなどで21日に起きた連続爆発事件で、政府当局は事前に犯行に関する情報を受け取りながら、対応を見送っていたことが22日、明らかになった。

この事件の被害は死者290人以上、負傷者500人以上に達している。

スリランカ政府は、同国のイスラム系組織「ナショナル・タウヒード・ジャマート(NTJ)」が事件に関わったとの見方を示している。NTJはこれまで大きな事件を起こしていなかったが、昨年、仏像を損壊したとして名前が挙がっていた。

複数の報道によると、スリランカの治安当局は事件前からNTJの動向を注視。何らかの事件を起こす可能性があると警察に伝えていたという。

しかし、ラニル・ウィクラマシンハ首相と閣僚たちには、報告がなかったと閣僚たちは話している。

<関連記事>

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
スリランカでカトリック教会やホテルが狙われた

内閣の報道官によると、同国では昨年から、マイトリーパーラ・シリセーナ大統領とウィクラマシンハ首相の関係が悪化し、首相に治安関連の情報が共有されなくなった。

情報機関は今月4日から、NTJについて警告を発していた。国防省は警察のトップに、詳細な情報を伝達。その情報には、外国の情報機関がNTJへの警戒が必要としているとする内容や、NTJのメンバーの氏名も含まれていたという。

これを受け、11日には治安当局内の幹部数人にメモが送られたとされる。

Image copyright AFP
Image caption 爆発の翌日に聖アントニー教会の前に集まった人々

アメリカのメディアは、スリランカ政府職員の話として、アメリカとインドが今月、何らかの事件の危険性を知らせる情報をスリランカに伝達していたと報じている。

ただ、シリセーナ大統領がその情報を得ていたかは明らかになっていない。

「情報は治安当局と警察の間で適切に共有されと理解している」と大統領の側近は話した。この側近はまた、シリセーナ氏がこの問題の調査委員会を設置し、最高裁判事を責任者に任命したと話した。

閣僚からは批判の声が上がっている。ラウフ・ハキーム都市開発相は「情報の扱いをめぐる大失態だ」、「私たち全員が恥じている」とコメント。ハリン・フェルナンド通信相はツイッターで「情報機関の一部は今回の事件について知っていた。つまり行動が遅れた。なぜ警告が無視されたのか真剣に調べる必要がある」と発信した。

(英語記事 Sri Lanka faces bomb warnings scrutiny

関連トピックス

この話題についてさらに読む