昏睡状態のUAE女性、27年ぶりに目覚める

Prolonged disorders of consciousness are usually caused by a sudden brain injury Image copyright Science Photo Library
Image caption 突然の脳損傷によって長期的な意識障害に陥ることが多い

アラブ首長国連邦(UAE)の女性が、27年ぶりに昏睡(こんすい)状態から目覚め、回復しつつある。

27年間にわたり昏睡状態だったのは、ムニラ・アブドゥラさん。32歳だった1991年、車で学校に息子を迎えに行った際、バスと衝突し、脳に深刻な損傷を負った。

当時わずか4歳だった息子のウマルさんは、ムニラさんと一緒に車の後部座席に座っていたが、衝突の直前にムニラさんが抱きかかえたため無傷だった。車を運転していたのはムニラさんの義理の兄弟だった。

ムニラさんは昏睡状態はその後27年間続いたが、ドイツの病院で昨年、意識を回復した。

「抱きしめて守ってくれた」

ウマルさんは22日に掲載されたUAE紙「ナショナル」の記事で、事故の詳細やその後の母ムニラさんの治療の進捗状況について話している。

「私は決して母のことを諦めませんでした。いつの日か目覚めるのではないかと、予感が常にありました」

ムニラさんの事故の話を明かした理由については、「自分の愛する人が助かるという希望を失わないでと、昏睡状態のような状況だからといって死んでしまったとは思わないでと、伝えたかったから」だと述べた。

「母は私と一緒に車の後部座席に座っていました。事故に遭うと分かった瞬間、母は私を抱きしめて事故の衝撃から守ってくれました」

ムニラさんに守られたウマルさんは頭にあざができた程度で済んだが、ムニラさんは事故後数時間、処置が受けられずにいたという。

長年にわたる治療

ナショナル紙によると、ムニラさんはやがて病院へ搬送され、後に英ロンドンの病院へ移された。ロンドンの病院では、ムニラさんは呼びかけには反応しないものの、痛みは感じる植物状態だと宣告されたという。

UAEのオマーン国境の都市、アル・アインに戻ったムニラさんは、保険の適用条件に見合った複数の医療施設を転々とした。

アル・アインに数年留まり、管を通して栄養を取り、生きながらえた。運動不足によって筋肉が衰えるのを防ぐために理学療法が用いられた。

2017年にはアブダビにある政府機関のクラウン・プリンス裁判所が、ドイツの病院への移送費を助成する決定を下した。

ドイツの病院では、腕と脚の筋肉の深刻な収縮を治すために多くの手術が行なわれた。また、意識の回復など、状態を改善するために投薬治療も行なわれた。

病院での騒動

ドイツの病院に移ってから1年後、ウマルさんはムニラさんの病室で口論していた。これが、ムニラさんが覚醒(かくせい)するきっかけになったようだ。

「病室で誤解が生じて、母は私が危険にさらされていると感じたのでしょう。それが母への衝撃となりました」

「母が奇妙な音を出していたので、診察して欲しいと医師を呼び続けました。医師はすべて正常だと言っていました」

「ところがその3日後、誰かが僕の名前を呼ぶ声で目が覚めたんです。それは母でした! 母が私の名前を読んでいたんです。何年間もこの瞬間を夢見ていました。母が最初に発したのが私の名前でした」

ムニラさんの反応はそれから増え続け、痛みも感じ、会話ができるまでに回復した。

今ではアブダビへ戻り、座る姿勢の改善や、筋肉の収縮を防ぐための理学療法を中心に、リハビリを受けている。

珍しい事例

数年間におよぶ昏睡状態の末に意識が戻るケースは少なく、回復には長い時間を要する。

イギリスの国民医療保険制度、国民保健サービス(NHS)によると、意識障害に陥った人の回復可能性を予測するのは不可能だ。

意識を取り戻したとしても、脳の損傷による深刻な障害が残ることが多い。

著しい回復の事例としては、19歳の時に自動車事故に巻き込まれ、ほとんど植物状態のまま19年間を過ごした後に劇的に回復した米国人男性のテリー・ウォリス氏のケースがある。ウォリス氏の場合、脳組織が再生したのだろうと思われている。

Image copyright Getty Images
Image caption フランスでスキー事故に遭い、脳に損傷を負ったF1元世界チャンピオンのミハエル・シューマッハさん。医療行為によって半年間昏睡状態に置かれた

2013年にはF1の元世界チャンピオンのミハエル・シューマッハさんがフランスでスキー事故に遭い、脳に損傷を負った。治療のため薬物誘導による昏睡状態に置かれ、半年後に治療継続のためスイスの自宅に移送された。

(英語記事 Woman wakes after 27 years in a coma

この話題についてさらに読む